サイタ趣味の習い事言葉/文章講座小説 愛知 小説指南 レッスンノート 描写と説明の匙加減

描写と説明の匙加減

小説書き方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回は趣向を変えて、講師の文章でリライトしたものと比較して見ました。
描写で客観的に語ることと、主人公に目線で説明することの違いなどを説明。
主人公目線の説明は、主人公自身の内面の描写である、なんて説明をしました。
また同じ文章の中で、同じ表現が繰り返し多用されたりする拙い部分など、書きながら違和感に気づいていけるように指導しました。
このレッスンノートを書いたコーチ

ブログ10万人訪問、著書の受賞歴あり!小説作りの楽しさを伝授します

新着レッスンノート

お疲れ様でした。 当初の設定と比べてキャラクターが変わってきたとの自覚ですが、書きながらキャラの性格が深化するのは、物語に乗っている証拠です。 ・設定が細かく決まってくる場合 ・物語を通してキャラが成長する どちらの場合も物語が面白くなっていく証拠。

体験お疲れ様でした。 職を持ちながらの執筆は大変そうですが、仕事経験の有り無しは作品作りでは強力な武器みたいなもんです。 自分の体験から書いてみたいネタを探してみましょう。

お疲れ様でした。 ミステリのトリックなどアドバイス。 一つの事件にトリックなどを盛り込みすぎない的なアドバイスしました。 道具立が絵的に美しくて、作者自身のセンスだろうなと感心しました。 コリン・ウィルソン「殺人百科」「現代殺人百科」など、マーダーケース系の参考資料をご案内しました。 ...

原稿を拝読しました。 上手い。 しっかりとシナリオ術を学ばれているのが活きていると感じました。 若干の言葉足らずなどの若書きな点は、読者目線を意識する気づきで即修正可能。 それよりも、資料や史料の調査や読み込みに抵抗がない、むしろ情熱がある点が頼もしい。 歴史的事実の背景に奇想を滑り...

処女作の短編拝読。 登場人物の心の動きなどを丁寧に描く目の配り方に才気を感じます。 自分の体験を基にした作品を書いてみることをお話ししました。 また長編小説を書く楽しみと、そのコツ。 書きながら登場人物たちが起こす化学反応で、作品がある出来上がっていく面白さなどをお話ししました。

レッスンノート ページ先頭へ