サイタ趣味の習い事言葉/文章講座小説大阪 マッチャンの小説講座 スクールブログ 毎日書くことを...

毎日書くことを習慣にする

こんにちは。小説を毎日書いていますか? なかなか書く時間はないもので、書けても1、2時間しか集中できません。
プロ作家デビューする友人は「毎日早朝に1時間半」、直木賞作家の黒川博行さんは家族が寝静まった深夜にペンをとるそうです。
書くことを習慣にすることが大事なのでしょう。日々の積み重ねが作家への近道になると思い、私は飲んだ夜でも「毎日1行」を綴ることを日課にしています。

 

(2019年4月10日(水) 21:16)

前の記事

この記事を書いたコーチ

新聞記者の傍ら小説を執筆。経験豊富な先生が伴走者として挑戦者を応援!

新着記事

こんにちは。小説を毎日書いていますか? なかなか書く時間はないもので、書けても1、2時間しか集中できません。 プロ作家デビューする友人は「毎日早朝に1時間半」、直木賞作家の黒川博行さんは家族が寝静まった深夜にペンをとるそうです。 書くことを習慣にすることが大事なのでしょう...

文章を書く時、貴方は何を使いますか? 私はいつ何処でも書けるようにタブレットを使っています。いい表現やアイデアを書き留めておきたいからで、スマホも併用しています。最近、物忘れが激しいのも理由のひとつです。

歴史時代小説同人誌の合評会に参加しました。幅広い世代の小説好きと4時間の交流会で、様々な意見が飛び交いました。ハッとさせられることも多々あります。2、3次会のお酒もまた美味。今後の執筆活動に弾みがついたのかもしれません。

こんにちは。昨日、開講しました。まず自伝から書き始めてもいいんです。それを小説にしましょう。村上春樹さんの作品のように主語は貴方。「僕は…」から、さあ!

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、小説レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ