サイタ趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ 「外見」ではな...

「外見」ではなく「印象」で描け~読者の想像力に委ねる~

 映画を観たときに、原作と主役のイメージが違うと感じたことはないだろうか。
 これは、原作の小説が、主役の外見や外貌などの描写をせずに、読者の想像力に委ねているからである。
 そこで原作を読んだ読者の数だけ主役の人間のイメージがあり、映像化に際しては、その最大公約数でイメージが作られている。
 ティーンエージャー向けの作品には、外見の設定などを細かく決め描写しているものも少なくないが、絵師やアニメ化を念頭に置かなければ「顔立ち」や「スタイル」の細々とした描写は不要である。

例)
荒削りに彫り込んだギリシア彫像のような美貌にもかかわらず、くぼんだ眼窩の奥に光る瞳の陰りが、酷薄な印象を与えていた。

・具体的すぎて、「濃い顔は俺のタイプじゃないし」的な読者も出てくるかも。

そこで、次のように直してみる。

例)
 見つめてくる視線には悲哀の色が浮かんでいる。唇に浮かぶかすかな笑みが皮肉な影を与え、本来は美貌であろう顔立ちに酷薄な印象を与えていた。

 つまり、「外見」や「顔立ち」ではなく、彼の与える「印象」にフォーカスして描くのである。

「外見」ではなく「印象」をこそ描け

これは、あくまで私流のキャラ描写術である。参考になっただろうか?

 

(2018年12月13日(木) 17:34)

前の記事

次の記事

新着記事

コロナ禍の自粛が続いています。 「小説指南」ではzoom、またはSKYPEによるオンラインレッスンに対応しました。ネット接続環境とWEBカメラ搭載のPC、またはタブレットPC、スマートフォンなどがある方は、レッスンお申し込みに際して、希望会場で「オンライン」を選択ください。 方法はzoom...

今回も無事抽選に当たりましたので下記日程で名古屋コミティアに参戦いたします。 開催日時 2020年4月12日(日) 11:00〜15:00 場所 名古屋国際会議場 イベントホール スペース数 534スペース 入場料 カタログ購入(予価700円)が入場券扱いとなります サークル名...

このコーチブログに書いた記事83本をまとめた「小説指南2020」をインプレスR&Dよりプリントオンデマンド本として出しました。 現在、好評発売中です。 記事のネタとなった創作のコツや気づきを教えてくれた生徒の皆さんと、記事執筆の場所とモチベーションを与えてくれたサイタに感謝です。 ご購入...

2019年は、知立市で教室形式の小説創作講座をご依頼いただいたり、生徒の皆さんと名古屋コミティアに参加したりと、充実した1年でした。 生徒の皆さんからの質問も、「この表現だと、読者を後半で戸惑わせるような誤った印象を与えていないだろうか」的な、高度なものが増えてきて、大いに刺激になってます。...

この記事はネタバレを含んでいるので映画を見てからお読みいただきたい。今回は長い。 先日、トッド・フィリップス監督作品「ジョーカー」を観た。「タクシー・ドライバー」との共通点を聞いていたので二つの作品を通して分析してみた。  マーティン・スコセッシ監督作品「タクシードライバー」(19...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、小説レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ