サイタ趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ 名古屋コミティ...

名古屋コミティア53に参戦!

ええ歳こいて、同人誌展示即売イベント「名古屋コミティア53」に参加する。

2018年10月14日(日)11:00~15:00
名古屋国際会議場 イベントホール

一応サークル名は、拙著のタイトルと同じ「不死の宴」。
参加の目的が「不死の宴 第一部 終戦編」の作品プロモートなのだ。
コミティアは、プロ・アマチュアを問わず、マンガ描きたちが自主出版した本を発表・販売する展示即売会である。
拙著は同人作品ではないのだが、作者本人に限り市販書籍のプロモートが可能ということで、インプレスR&Dさんの許可を得て「文芸枠」で参加することにした。
創作関係の人たちとの人的交流が主目的。
還暦のジジイは俺ぐらいかなと、思っていたら、友人のマンガサークル(彼も還暦越え)がR18枠で参加するとのことで、勇気をもらった感じ。ちなみに彼のサークルのコンセプトは「昭和エロ漫画」(笑)。
「まだまだ人生黄昏てはいられませんよ」というセリフ、かっこいいじゃないか。

POD(プリントオンデマンド)という手法で、電子書籍のペーパーバック版をリリースしたので、興味ある方は是非おいでください。
ブースはE-21。長女が手伝ってくれるので老人色を希釈できてちょっと安堵してる。

↓ 名古屋コミティアのURL

https://n-comitia.com/

名古屋コミティア53に参戦!

(2018年10月11日(木) 21:43)

前の記事

次の記事

新着記事

 小説を書いているときに直面する問題に、「名無しの登場人物」がある。  そのシーンでかなり重要な役回りではあるけど、以後のシーンでは出てこないので名前もない、という役である。  映画のシナリオの場合は、青年1、2、3ですむのだが、小説の場合そうはいかない。  そこで、次のような手段をとる...

 映画を観たときに、原作と主役のイメージが違うと感じたことはないだろうか。  これは、原作の小説が、主役の外見や外貌などの描写をせずに、読者の想像力に委ねているからである。  そこで原作を読んだ読者の数だけ主役の人間のイメージがあり、映像化に際しては、その最大公約数でイメージが作られている...

本日、名古屋国際会議場のイベントホールで行われた名古屋コミティア53に参加してきた。 地方で行われるコミティアの一つで、今年で25周年の53回目とのこと。 マンガや小説やゲームなどの同人誌展示即売会なのですが、特徴的なのは二次創作不可のオリジナルコンテンツに限るということ。 今回、還...

ええ歳こいて、同人誌展示即売イベント「名古屋コミティア53」に参加する。 2018年10月14日(日)11:00~15:00 名古屋国際会議場 イベントホール 一応サークル名は、拙著のタイトルと同じ「不死の宴」。 参加の目的が「不死の宴 第一部 終戦編」の作品プロモートなのだ...

「小説指南」でアドバイスをしていたペンネーム「哀楽」さん。 今回、エブリスタのジャンル応援キャンペーン・「最強」をテーマにしたファンタジー作品のコンテストで、「準大賞」に入選されました。 なかなか快調な語り出しに思わずニヤリ。キャラクターたちの過去や因縁など、伏線の張り方も早すぎず、遅すぎ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、小説レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ