サイタ趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ 映画「万引き家...

映画「万引き家族」を観て

話題の映画「万引き家族」(是枝裕和)を観たので、その感想を。
この文章は完全にネタばれを含んでいるのでご注意ください。

バブル崩壊で地上げから漏れた東京下町の一軒家に不思議な家族が暮らしている。
日雇い仕事の父・柴田治とクリーニング工場で働く妻・信代、息子・祥太、JK風俗で働く信代の妹・亜紀、そして家主の祖母・初枝の五人だ。
ある冬の夜、治は近所の団地の廊下で震えている幼女・ゆりを連れて帰ってしまう。家の中からは母親らしき女の「生みたくて生んだんじゃない!」という叫びと、殴打の音が聞こえてきたからだ。

実は、息子の祥太も同様に信代が拾ってきた子だとわかってくる。
この家族は、全員赤の他人の「偽家族」なのである。
初枝の年金と家を頼りに、治と信代のカップル、初枝とは血の繋がらない孫の亜紀。彼らの収入源は治と翔太の「万引き」で暮らしている。
偽家族でありながら暖かい家族。実の家族でありながら暴力の耐えないゆりの家族との対比が皮肉。

なぜそれほどお互いが優しいのか、それは全員が「偽」家族だという負い目である。子供を産めない母・信代。父親として息子に伝えられる技術が「万引き」しかない治。大人全員が「ポンコツ」なのだ。ポンコツだからこそ優しくなれる人間の滑稽さが描かれている。

この家族が引き裂かれるきっかけは、翔太だ。万引きを黙って見逃していた駄菓子屋の老人が、ゆりに万引きをさせた翔太に「妹にはやらせんな」とぽつりと言う。
一方、治は万引きだけでなく車上荒らしにまで手を染める。治の「息子」に対する「どうだ父さんすごいだろう」という気持ちが、こういう形でしか現れないポンコツの哀れさ。
ラスト近く、離れて暮らすことになった治が、ようやく「父ちゃん」と呼んでくれるようになった翔太に「父ちゃん、おじさんにもどるよ」というシーンにじわりとくる。

「万引き家族」は万引きをする家族の話だが、同時に家族の愛情や絆まで万引きしてしまった淋しい大人達の物語でもある。
背景やきっかけは「貧困」であるが、これは貧困社会を声高に告発する物語ではなく、「家族の絆って何だろう」「優しさって何だろう」と語りかける物語である。俺は、ポンコツな大人の気弱な優しさと、そうではない大人達の自信満々な傲慢さを比較してしまう。

感動的な映画だが、この映画を「貧困社会を野放しにする政治に対する告発」としか賞賛できない評論家は、自分の感動を言葉にできない三流評論家だろう。

この「万引き家族」が国辱的と称して右翼からたたかれていると同時にRADWINPSの「HINOMARU」という歌が右翼的だといわれて左翼からたたかれている。

はからずも、頭の悪い連中は左翼右翼を問わずに存在するのだと世間に示す形になっている。同時に起きてよかったのかもしれない。

 

(2018年7月5日(木) 16:15)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ブログ10万人訪問、著書の受賞歴あり!小説作りの楽しさを伝授します

新着記事

話題の映画「万引き家族」(是枝裕和)を観たので、その感想を。 この文章は完全にネタばれを含んでいるのでご注意ください。 バブル崩壊で地上げから漏れた東京下町の一軒家に不思議な家族が暮らしている。 日雇い仕事の父・柴田治とクリーニング工場で働く妻・信代、息子・祥太、JK風俗で働く信代の...

 今回は、自分では意識していなかったが他者から指摘されて気づいたテクニックについて。 例文はまたしても拙著「不死の宴」から。  空は青く白んでいるが、昇ったはずの太陽はまだ山の向こうだった。諏訪神社上社の前宮は、まだ山の陰に入っていた。  守矢みどりは分室での夜勤を終え、帰宅前の前...

 今回も拙著「不死の宴・第一部・終戦編」の一部を引用して、作家が文章を書くときに考えていることを解説する。  まず最初に初稿の段階の文章をお読みいただきたい。舞台は昭和十八年の九月だ。 以下  上諏訪町の駅に列車が到着したのは午後一時を過ぎた頃だった。朝八時に新宿を出てから四時間...

 小説の語りでは一人称と三人称がある。これに関しては「1人称、3人称、神の視点」で説明した。基本的に一章、一段落などの間でこの人称が混在することはないし、混在すると物語が支離滅裂になって理解不能になる。  では次の例文を読んでみよう。拙著「不死の宴・第一部・終戦編」の第九章の一部である。終戦...

高杉さんは、当「小説指南」でご縁があった生徒さん。 今回、AmazonのKDP(キンドル・ダイレクト・バブリッシング)で小説をリリースされました。 性同一性障害の妹にハラハラする兄貴のお話です。 軽妙な語りでライトノベル風なスタイルだけど、恋をするだけでも大変な彼女と彼らの気持ちが見...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、小説レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ