全国5万人が受講している「サイタ」

小説書き方講座・教室

小説書き方講座・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ コーチ、新刊の...

コーチ、新刊のご案内

私事で申し訳ありませんが、コーチ・栗林が新しい電子書籍を出しましたのでご案内。
8/16(太平洋標準時)の間は無料でダウンロードできますので、普段偉そうに語っている栗林の作品がどの程度のモノか見極めてやる、って方はぜひダウンロードください。
AmazonのKindleストアです。
8/17以降は500円です。悪しからず。
https://www.amazon.co.jp/dp/B074Q5MTV3

内容紹介
 如月は、左胸部の銃創を観察した。こちらも傷は塞がりかかっている。
 「なるほど、こっちの弾頭は、おそらく肺の中に落ち込んでいると思います」と如月。そして「この回復力もミシャグチの力ですか」と聞いた。
 「獣化が完全に終わっていれば、もっと回復力は速くなります」
 如月は、死体の体の弾力を確かめながら「この筋肉はもう人じゃないな」とつぶやいた。そして下肢の方を観ると、「獣脚状に変形が進んでいる」とつぶやいた。
 「ミシャグチの系譜では、昔からこういうことはあったのですか」
 「ミシャグチの力がうまく授かる場合はミシャグチの力が降りると言いますが、このような場合はミシャグチが憑くと呼ばれています。ただ、実際に見たのは初めてですよ。姫巫女は子供の頃に一度見たと言ってましたがね」
 如月は死体の首の切断面を見ながら、「見事な切り口だ。竜之介さんは居合いなどの武道経験があるんですか」と聞いた。
 「守矢の者は、赤口(シャグチ)流という古流の体術と居合いを修行します。ただ、これを切ったのは私ではなく、妹のみどりですよ」
 「え、あのお嬢さんが?」と如月は驚いた。だが同時に、あの溌剌とした娘には、きりりとした居合いの雰囲気は似合っているなと思った。
 首の切断面には傷口の回復傾向は全くなかった。
 「なぜ首を落としたんですか」と聞くと、「昔から、ミシャグチの兵や人狼はどれだけ傷を負っても首が繋がっているうちは死なないと言われてます」と竜之介。
 「ということは傷の再生は脳からの分泌物のせいかなあ、切断でそれが絶たれると」とつぶやいたあと、「獣化は一種の免疫反応かもしれない」と言った。
 「免疫反応?」と問い返す竜之介に、「一種のアレルギー反応ですよ」と言った。そして、ヴァンパイア化そのものも、またアレルギーの一形態かもしれないと思った。
 「免疫というと、病気と闘う人体の防衛機能ではありませんか」と竜之介は聞いた。そして、「これが風土病の一種であろうとは私も思うのですが、むしろ免疫力を強くしてこの症状を制御できるのではないでしょうか」と続けた。
 「それは従来の考え方ですよ」と如月は答えた。助手の両角に、銃創の一部を指さして、「ここ標本ね」、と指示しながら、「現在では、免疫とは病気との闘いではなく、自己と非自己を厳密に区別する機能だと考えられています」と答えた。
 「自己と非自己?」
 「火傷の治療で自分の皮膚を移植するじゃないですか。なぜ自分の皮膚なんでしょうか」
 「拒絶反応ですか」
 「そうです。臓器の移植が未だに一般化しないのもそのせいですが、この拒絶反応も免疫反応なんですよ。人間の体は、病原体どころか同じ人間の組織であっても自分以外の人間、つまり非自己の組織は許さないんです」
 如月は胴体の検分を終え、両角に指示をして、トレイに載った首を持ってこさせた。
 近藤の首は血が抜けて皮膚の白さが際だっていた。鼻から下の顎が骨から変形を始めていた。犬歯が延び容貌が犬のようになりかけている。
 「こんな変形が起きるなんて」と如月はつぶやいた。
 「希ではありますが、太古からこのようなことはあったのだと思います」と竜之介。
 「記録とか伝聞があるのですか」
 「昔から西日本には犬神憑きという言い伝えがありましてね。憑き物として畏れられたり神として信仰されたりしています」
(第二章 常闇の系譜 より)

 昭和十八年八月、理化学研究所の若き病理学者・如月一心は長野県上諏訪町の陸軍第九技術研究所分室の「ミ号計画」に招聘された。
 「ミ」とは、諏訪地方に縄文時代から残るミシャグチ信仰に由来する。ミシャグチ神の血を受けた者は不老不死のヴァンパイアとなる。日本では古来より国難の際の「特別な兵」としてヴァンパイアの特殊能力を密かに継承してきた。
 「ミ号計画」とは、このヴァンパイアを使った「超人兵部隊」の研究だった。
 如月が分室で出会った守矢竜之介中尉と守矢公彦少尉、そして職員の守矢みどりの兄弟は、代々、神長官としてミシャグチの血の系譜を守り続けてきた守矢一族の末裔だった。ヴァンパイアは昼間は活動できないため守護者が必要なのだ。
 如月は、ミシャグチの血を継承する姫巫女・美沙(四百歳)と謁見する。彼女を診察しながら、不老不死や超人的筋力などの能力も、光過敏や食性変化(人血嗜好)と同じ風土病の「症状の一つ」であると感じる。
 一方、竜之介は全国から四人の実験兵を選抜した。中野学校二俣分校の西城真一。関東軍対ソ特殊部隊の南部陽兵。挺進大隊(落下傘部隊)の東郷隆。そして玉砕した部隊の唯一の生存者・北島晃。彼らは、姫巫女・美沙との契りを経てヴァンパイアとなる。
 昭和十九年七月、沖縄に試験配備された実験部隊の運命は? 
 そして終戦、姫巫女・美沙と守矢一族はミシャグチの血の秘密を守れるのか?
 守矢竜之介の実験部隊と日米陸軍との三つ巴の戦いの決着は?
 昭和から平成を生きた「不死なる者」たちの運命を描く、一大叙事詩が今スタートした。

コーチ、新刊のご案内

(2017年8月13日(日) 19:32)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ブログ10万人訪問、著書の受賞歴あり!小説作りの楽しさを伝授します

小説指南
栗林元 (小説)

名古屋・金山・鶴舞・大曽根・勝川・高蔵寺・岐阜・犬山・小牧・田県神社前・平安通・黒川...

ブログ記事 ページ先頭へ