サイタ趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ その描写は、単...

その描写は、単なる「説明」になっていないか?

 小説には「情景描写」が必要不可欠である。そこが、どのような場所であるか、キャラクターは何を感じどう行動するか、どのような状況なのかは「描写」で読者に伝えられる。
 そこで考えてほしいのが、その描写は、「単なる説明代わりの描写になっていないか?」ということ。
 主人公がある目的で誰かの家に訪問した時の描写。

単なる説明代わりの描写の例文

 その家は二階建だった。ガレージに二台の駐車スペースがあり、一台分が空いていた。ガレージの隅には数台の自転車が壁に立てかけてある。

いろいろな情報が盛り込まれた描写

 その家は二階建てだった。南の庭と二階のベランダで、弱い日差しを浴びた洗濯物が干されている。
 ガレージには二台分のスペースがあったが、停まっているのは赤い軽自動車が一台だけだ。ガレージの隅には、婦人用の自転車と子供用の自転車が壁に立てかけてある。

 最初の例文は、単なる説明だが、後者の方は、「二世帯住宅」であることと、主人が出かけていることがわかる。
 さらにガレージが整頓されているか否かなどの描写で、その家庭がどのような状況かまで読者に伝えられるだろう。

 映画で言えば、前者の文は、普通になめて撮影しただけだが、後者の場合はクローズアップやズームで撮影しているわけである。

 また、「洗濯物が干されている」などの部分で、「何度も洗って色の落ちた女物のワンピースが、力なくぶら下がっていた」などのように、「語り口」で物語全体のトーンを暗く陰鬱なものにしたりもできる。

 こういう工夫をこらすところが小説を書く楽しみでもある。

 

(2017年1月13日(金) 22:06)

前の記事

次の記事

新着記事

 小説を書いているときに直面する問題に、「名無しの登場人物」がある。  そのシーンでかなり重要な役回りではあるけど、以後のシーンでは出てこないので名前もない、という役である。  映画のシナリオの場合は、青年1、2、3ですむのだが、小説の場合そうはいかない。  そこで、次のような手段をとる...

 映画を観たときに、原作と主役のイメージが違うと感じたことはないだろうか。  これは、原作の小説が、主役の外見や外貌などの描写をせずに、読者の想像力に委ねているからである。  そこで原作を読んだ読者の数だけ主役の人間のイメージがあり、映像化に際しては、その最大公約数でイメージが作られている...

本日、名古屋国際会議場のイベントホールで行われた名古屋コミティア53に参加してきた。 地方で行われるコミティアの一つで、今年で25周年の53回目とのこと。 マンガや小説やゲームなどの同人誌展示即売会なのですが、特徴的なのは二次創作不可のオリジナルコンテンツに限るということ。 今回、還...

ええ歳こいて、同人誌展示即売イベント「名古屋コミティア53」に参加する。 2018年10月14日(日)11:00~15:00 名古屋国際会議場 イベントホール 一応サークル名は、拙著のタイトルと同じ「不死の宴」。 参加の目的が「不死の宴 第一部 終戦編」の作品プロモートなのだ...

「小説指南」でアドバイスをしていたペンネーム「哀楽」さん。 今回、エブリスタのジャンル応援キャンペーン・「最強」をテーマにしたファンタジー作品のコンテストで、「準大賞」に入選されました。 なかなか快調な語り出しに思わずニヤリ。キャラクターたちの過去や因縁など、伏線の張り方も早すぎず、遅すぎ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、小説レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ