全国5万人が受講している「サイタ」

小説書き方講座・教室

小説書き方講座・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ その描写は、単...

その描写は、単なる「説明」になっていないか?

 小説には「情景描写」が必要不可欠である。そこが、どのような場所であるか、キャラクターは何を感じどう行動するか、どのような状況なのかは「描写」で読者に伝えられる。
 そこで考えてほしいのが、その描写は、「単なる説明代わりの描写になっていないか?」ということ。
 主人公がある目的で誰かの家に訪問した時の描写。

単なる説明代わりの描写の例文

 その家は二階建だった。ガレージに二台の駐車スペースがあり、一台分が空いていた。ガレージの隅には数台の自転車が壁に立てかけてある。

いろいろな情報が盛り込まれた描写

 その家は二階建てだった。南の庭と二階のベランダで、弱い日差しを浴びた洗濯物が干されている。
 ガレージには二台分のスペースがあったが、停まっているのは赤い軽自動車が一台だけだ。ガレージの隅には、婦人用の自転車と子供用の自転車が壁に立てかけてある。

 最初の例文は、単なる説明だが、後者の方は、「二世帯住宅」であることと、主人が出かけていることがわかる。
 さらにガレージが整頓されているか否かなどの描写で、その家庭がどのような状況かまで読者に伝えられるだろう。

 映画で言えば、前者の文は、普通になめて撮影しただけだが、後者の場合はクローズアップやズームで撮影しているわけである。

 また、「洗濯物が干されている」などの部分で、「何度も洗って色の落ちた女物のワンピースが、力なくぶら下がっていた」などのように、「語り口」で物語全体のトーンを暗く陰鬱なものにしたりもできる。

 こういう工夫をこらすところが小説を書く楽しみでもある。

 

(2017年1月13日(金) 22:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ブログ10万人訪問、著書の受賞歴あり!小説作りの楽しさを伝授します

小説指南
栗林元 (小説)

名古屋・金山・鶴舞・大曽根・勝川・高蔵寺・多治見・岐阜・犬山・小牧・田県神社前・平安...

ブログ記事 ページ先頭へ