サイタ趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ 書き急いでしま...

書き急いでしまうこと

 小説を書いていて、もうすぐラストだというところまで来ると、とりあえずゴールにたどり着くために「書き急いでしまう」ときがある。
 今書いている作品でちょうどいいケースがあったので、それを例にして解説する。

まずは、例文。

 開ける八月十七日。早朝の陸軍・伊那飛行場に国籍表示のないDC8がひっそりと着陸した。
 停戦状態二日目の朝。すでに空港には緊張感がなく、管制の兵も二人だけだった。前夜に陸軍の軍務局から連絡があったので、怪しむものは誰もいなかった。
 朝日を浴びる機から降りたのは、平服の東洋人が一人だった。
 迎えたのは、陸軍第九技術研究所の水野軍医少尉だった。機体すぐ横まで車を寄せていた。
 東洋人は、流暢な日本語でアメリカ軍の軍属である「アーノルド・シミズだ」と名乗った。
 本来の占領軍よりも早い来日である。昨日、大本営から全軍に停戦命令が出たばかりで、停戦内閣の東久邇宮内閣が本日成立する予定であった。講和条約の調印は来月だと見られていた。
 それ故に、正規の軍人としてではなく軍属としての隠密来訪なのであった。
 水野軍医少尉は、「研究所で石井がお待ちしております」と言った。

そして、その修正後。

 開ける八月十七日。早朝の陸軍・伊那飛行場に国籍表示のないDC8がひっそりと着陸した。
 停戦状態二日目の朝。すでに空港には緊張感がなく、管制の兵も二人だけだった。前夜に陸軍の軍務局から連絡があったので、その着陸を怪しむものは誰もいなかった。
 機体に向かって一台の乗用車が近づいて停車した。
 朝日をぎらりと反射する機体のドアが開き、平服の東洋人が一人だけ降り立った。
 車のドアを開け、軍服の男が一人降りてきた。平服の東洋人と握手をし、「陸軍第九技術研究所の水野軍医少尉です」と言った。
 東洋人は、流暢な日本語で「アメリカ軍スタッフのアーノルド・シミズです」と名乗った。
 本来の占領軍よりも早い来日である。昨日、大本営から全軍に停戦命令が出たばかりで、停戦内閣の東久邇宮内閣が本日成立する予定であった。講和条約の調印は来月だと見られていた。
 それ故に、正規の軍人としてではなく軍属としての隠密来訪なのであった。機体ぎりぎりまで車を寄せたのも人目を避けるためだろう。
 水野軍医少尉は、「研究所で石井がお待ちしております」と言った。

 最初の文では、まるで歴史書の文である。ストーリー上はこれでも構わないが、このシーンに出てくる人物は、この後のクライマックスシーンでも事件を目撃し、後のシリーズにおいても重要な役割を負う予定だ。そこで、説明ではなくシーンとして描写することにしたわけである。

 若いころの自分は、このあたりの感覚が疎くて、すかすかの作品を書いていた。だから二次予選で落ちてたんだよってことが、この年になってわかるわけである。

 

(2016年10月19日(水) 9:36)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ブログ10万人訪問、著書の受賞歴あり!小説作りの楽しさを伝授します

新着記事

拙著「不死の宴 第一部 終戦編」から引用を基に、そのシーンは何のためにあるかを解説。 自分の作品は遠慮なくネタにできて楽でいいですな。 以下引用-------------------  ようやく松も取れた頃合いなので、諏訪神社の本宮は初詣客も落ち着いていた。午前中とはいえ、もう昼近い...

話題の映画「万引き家族」(是枝裕和)を観たので、その感想を。 この文章は完全にネタばれを含んでいるのでご注意ください。 バブル崩壊で地上げから漏れた東京下町の一軒家に不思議な家族が暮らしている。 日雇い仕事の父・柴田治とクリーニング工場で働く妻・信代、息子・祥太、JK風俗で働く信代の...

 今回は、自分では意識していなかったが他者から指摘されて気づいたテクニックについて。 例文はまたしても拙著「不死の宴」から。  空は青く白んでいるが、昇ったはずの太陽はまだ山の向こうだった。諏訪神社上社の前宮は、まだ山の陰に入っていた。  守矢みどりは分室での夜勤を終え、帰宅前の前...

 今回も拙著「不死の宴・第一部・終戦編」の一部を引用して、作家が文章を書くときに考えていることを解説する。  まず最初に初稿の段階の文章をお読みいただきたい。舞台は昭和十八年の九月だ。 以下  上諏訪町の駅に列車が到着したのは午後一時を過ぎた頃だった。朝八時に新宿を出てから四時間...

 小説の語りでは一人称と三人称がある。これに関しては「1人称、3人称、神の視点」で説明した。基本的に一章、一段落などの間でこの人称が混在することはないし、混在すると物語が支離滅裂になって理解不能になる。  では次の例文を読んでみよう。拙著「不死の宴・第一部・終戦編」の第九章の一部である。終戦...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、小説レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ