サイタ趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ 構想倒れ

構想倒れ

 先日WEB系の仕事をしている長女と話したときのこと。
 RPGゲームを作るツール(アスキーから出ていたツクールみたいなものか)があり、ゲームを作りたいアマチュアがゲームを作ってネットで公開しているのだそうだ。

 その中で、壮大な構想を作りながらそれを完結することができずに放り出している人を「エターナる」と呼ぶと言うのだ。曰く作品が「永遠に完成しない」状態になること。
 壮大なファンタジー世界を構築し事件の年表を作り出してなおエタる人などがいるそうで、エタるというよりへたるだね、と笑っていたが小説と同じだなと感じた。
 娘からは「父さんは、書き出した作品を投げずに完結させて偉い」と言われたが、実は投げ出さないこつがある。

 長大な物語で細部まで練られた世界観と諸設定と言われて思い浮かぶのがJ・R・R・トールキンの「指輪物語」である。北欧神話やケルト神話の豊富な知識を利用した緻密な設定が有名だが、あれも最初からすべての設定があったわけではない。最初は「ホビットの冒険」という児童文学が始まりだ。その物語を紡ぎながら世界が完成していった訳である。

 また、エンタメ作品ならばエドガー・ライス・バローズの「火星シリーズ」も有名だ。これも火星語辞典などが有名だが、これも最初からできあがっていたのではなく、主人公ジョン・カーターが未知の世界である古代の火星に転生し初めて見る世界に驚き次第になれていく過程で作者がでっち上げていった世界である。

 作者が物語世界を構築する過程とは、主人公(読者)がその世界を知っていく過程なのである。
 作者は物語を語りながら同時に世界を構築しているのだ。架空世界の構築は物語が終わったときにこそ完了するのだと考えればいい。
 世界の構築で疲れ果てて物語を途中で放棄するようなことは、これで防ぐことができる。小さなドラマの積み上げで、世界は完成していくのである。

 

(2016年9月6日(火) 21:21)

前の記事

次の記事

新着記事

下記の日程で、小説講座を持つことになりました。 体験レッスンにご不安があったり、このハゲおやじ(俺な)大丈夫かよという不安のある方は、この講座を利用してみるのも良いかも。 受講料は無料(私のギャラは市から出ます・苦笑) 知立市在住在勤でなくとも応募できます。 以下コピー 【はじめ...

「小説指南」にご参加いただいている高杉さんの作品が、エブリスタ(2019/4/11)の新作セレクションに取り上げられました。 皆さん奮ってお読みください。 恋愛マネーゲーム 著者:高杉愁士朗 他にもカクヨムなどの投稿サイトで作品を発表されてる生徒さんが大勢います。 創作をされ...

 小説を書いているときに直面する問題に、「名無しの登場人物」がある。  そのシーンでかなり重要な役回りではあるけど、以後のシーンでは出てこないので名前もない、という役である。  映画のシナリオの場合は、青年1、2、3ですむのだが、小説の場合そうはいかない。  そこで、次のような手段をとる...

 映画を観たときに、原作と主役のイメージが違うと感じたことはないだろうか。  これは、原作の小説が、主役の外見や外貌などの描写をせずに、読者の想像力に委ねているからである。  そこで原作を読んだ読者の数だけ主役の人間のイメージがあり、映像化に際しては、その最大公約数でイメージが作られている...

本日、名古屋国際会議場のイベントホールで行われた名古屋コミティア53に参加してきた。 地方で行われるコミティアの一つで、今年で25周年の53回目とのこと。 マンガや小説やゲームなどの同人誌展示即売会なのですが、特徴的なのは二次創作不可のオリジナルコンテンツに限るということ。 今回、還...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、小説レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ