サイタ趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ 構想倒れ

構想倒れ

 先日WEB系の仕事をしている長女と話したときのこと。
 RPGゲームを作るツール(アスキーから出ていたツクールみたいなものか)があり、ゲームを作りたいアマチュアがゲームを作ってネットで公開しているのだそうだ。

 その中で、壮大な構想を作りながらそれを完結することができずに放り出している人を「エターナる」と呼ぶと言うのだ。曰く作品が「永遠に完成しない」状態になること。
 壮大なファンタジー世界を構築し事件の年表を作り出してなおエタる人などがいるそうで、エタるというよりへたるだね、と笑っていたが小説と同じだなと感じた。
 娘からは「父さんは、書き出した作品を投げずに完結させて偉い」と言われたが、実は投げ出さないこつがある。

 長大な物語で細部まで練られた世界観と諸設定と言われて思い浮かぶのがJ・R・R・トールキンの「指輪物語」である。北欧神話やケルト神話の豊富な知識を利用した緻密な設定が有名だが、あれも最初からすべての設定があったわけではない。最初は「ホビットの冒険」という児童文学が始まりだ。その物語を紡ぎながら世界が完成していった訳である。

 また、エンタメ作品ならばエドガー・ライス・バローズの「火星シリーズ」も有名だ。これも火星語辞典などが有名だが、これも最初からできあがっていたのではなく、主人公ジョン・カーターが未知の世界である古代の火星に転生し初めて見る世界に驚き次第になれていく過程で作者がでっち上げていった世界である。

 作者が物語世界を構築する過程とは、主人公(読者)がその世界を知っていく過程なのである。
 作者は物語を語りながら同時に世界を構築しているのだ。架空世界の構築は物語が終わったときにこそ完了するのだと考えればいい。
 世界の構築で疲れ果てて物語を途中で放棄するようなことは、これで防ぐことができる。小さなドラマの積み上げで、世界は完成していくのである。

 

(2016年9月6日(火) 21:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ブログ10万人訪問、著書の受賞歴あり!小説作りの楽しさを伝授します

新着記事

話題の映画「万引き家族」(是枝裕和)を観たので、その感想を。 この文章は完全にネタばれを含んでいるのでご注意ください。 バブル崩壊で地上げから漏れた東京下町の一軒家に不思議な家族が暮らしている。 日雇い仕事の父・柴田治とクリーニング工場で働く妻・信代、息子・祥太、JK風俗で働く信代の...

 今回は、自分では意識していなかったが他者から指摘されて気づいたテクニックについて。 例文はまたしても拙著「不死の宴」から。  空は青く白んでいるが、昇ったはずの太陽はまだ山の向こうだった。諏訪神社上社の前宮は、まだ山の陰に入っていた。  守矢みどりは分室での夜勤を終え、帰宅前の前...

 今回も拙著「不死の宴・第一部・終戦編」の一部を引用して、作家が文章を書くときに考えていることを解説する。  まず最初に初稿の段階の文章をお読みいただきたい。舞台は昭和十八年の九月だ。 以下  上諏訪町の駅に列車が到着したのは午後一時を過ぎた頃だった。朝八時に新宿を出てから四時間...

 小説の語りでは一人称と三人称がある。これに関しては「1人称、3人称、神の視点」で説明した。基本的に一章、一段落などの間でこの人称が混在することはないし、混在すると物語が支離滅裂になって理解不能になる。  では次の例文を読んでみよう。拙著「不死の宴・第一部・終戦編」の第九章の一部である。終戦...

高杉さんは、当「小説指南」でご縁があった生徒さん。 今回、AmazonのKDP(キンドル・ダイレクト・バブリッシング)で小説をリリースされました。 性同一性障害の妹にハラハラする兄貴のお話です。 軽妙な語りでライトノベル風なスタイルだけど、恋をするだけでも大変な彼女と彼らの気持ちが見...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、小説レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ