サイタ趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ 読者の脳裏にイ...

読者の脳裏にイメージを刻む

 以前から「説明するな描写せよ」と言っていますが、それが何故なのかを考えてみた。
 これは、言い換えれば「説明と描写のさじ加減」ということである。
 「説明」の長所は、複雑なことをわかりやすく短く伝えることができること。同時に、登場人物の感情などを廃することができることである。

 逆に短所は、読者の脳を素通りしやすいことである。

 例を上げてみよう。

 主人公は高所恐怖症である。物語のクライマックスでミッションをコンプリートするため彼は否応なく高所に行ざるを得なくなる。
 その特に、「高所恐怖症」であるという事実の読者への提示が、物語の前段で、「彼は高いところが苦手であった」という説明だけであったなら、読者はそれを忘れてしまうかもしれないしラストの盛り上がりも低い。
 そこで、作家は物語の前段で、以下のようなシーンを描写するのである。

 塔の最上階にエレベーターが到着した。展望台である。扉が開くと同時に子供たちが歓声を上げて展望窓の方に飛び出していく。「こらこら走るな」という父親の声がする。
 隆は一番最後にエレベーターを降りると、入り口近くの壁にもたれ、「ここにいるから見てくるといいよ」と言って動こうとしなかった。
 顔が青ざめうっすらと冷や汗をかいているようだった。声も震えている。
 「大丈夫?」

 このような描写を入れておくと、読者の脳裏に、彼は高いところが苦手なのだというイメージが刻まれる。クライマックスにいたって、彼の最後の戦いが高所だと暗示されるだけでサスペンスが増す仕組みだ。ちなみに高所恐怖症を使うのは、ヒッチコックが映画「めまい」でやった手法でいわば定番で、ミッションをクリアすると同時に主人公は恐怖症(または過去のトラウマ)を克服できたというお約束である。

 描写とは、読者の脳裏に「イメージで刻む」ことである。「言葉」は心を素通りしやすいが「映像」は心に残るのである。

 

(2016年5月18日(水) 18:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ブログ10万人訪問、著書の受賞歴あり!小説作りの楽しさを伝授します

新着記事

話題の映画「万引き家族」(是枝裕和)を観たので、その感想を。 この文章は完全にネタばれを含んでいるのでご注意ください。 バブル崩壊で地上げから漏れた東京下町の一軒家に不思議な家族が暮らしている。 日雇い仕事の父・柴田治とクリーニング工場で働く妻・信代、息子・祥太、JK風俗で働く信代の...

 今回は、自分では意識していなかったが他者から指摘されて気づいたテクニックについて。 例文はまたしても拙著「不死の宴」から。  空は青く白んでいるが、昇ったはずの太陽はまだ山の向こうだった。諏訪神社上社の前宮は、まだ山の陰に入っていた。  守矢みどりは分室での夜勤を終え、帰宅前の前...

 今回も拙著「不死の宴・第一部・終戦編」の一部を引用して、作家が文章を書くときに考えていることを解説する。  まず最初に初稿の段階の文章をお読みいただきたい。舞台は昭和十八年の九月だ。 以下  上諏訪町の駅に列車が到着したのは午後一時を過ぎた頃だった。朝八時に新宿を出てから四時間...

 小説の語りでは一人称と三人称がある。これに関しては「1人称、3人称、神の視点」で説明した。基本的に一章、一段落などの間でこの人称が混在することはないし、混在すると物語が支離滅裂になって理解不能になる。  では次の例文を読んでみよう。拙著「不死の宴・第一部・終戦編」の第九章の一部である。終戦...

高杉さんは、当「小説指南」でご縁があった生徒さん。 今回、AmazonのKDP(キンドル・ダイレクト・バブリッシング)で小説をリリースされました。 性同一性障害の妹にハラハラする兄貴のお話です。 軽妙な語りでライトノベル風なスタイルだけど、恋をするだけでも大変な彼女と彼らの気持ちが見...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、小説レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ