サイタ趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ 「語り口」の「...

「語り口」の「緩急」

 小説に限らず「ストーリー」のあるコンテンツには、「緩急」が必要である。次が気になる、ページを手繰るのももどかしい、読者にそんな気持ちにさせるために昔から色々なことを教えられる。
 構造上のコツとして、「起承転結」「序破急」などと言われる。また、「誘って、じらして、満足させる」などとも言われる。
 「緩急」の「緩」は「起承転結」の「承」であり「序破急」の「序」であり「じらし」である。
 構造ではなく文章や語りの技法上のコツもある。

例文「緩」
 改札口は女性職員だった。戦地へ出征した男性職員の穴を埋めるため、全国的にバスも鉄道も女性職員が増えていた。昼食時間直後のせいか待合室は閑散としていた。国民服姿の男ともんぺ姿の婦人が数人、ベンチに座って列車を待っているだけだ。
 
例文「急」
 対する四人は、ばらばらっと、女の周囲を囲むように位置をとると攻撃に備えた構えをとった。右拳を脇に抱え左腕を前に立てた剛柔流空手を思わせる者、脇を閉め開いた手を顔胸前に構えて軽く前傾した構えをとった者は柔道系であろう。後の二人は拳闘の経験者だろうか、腰を落とした武術系の構えではなく、左拳を前にしてぴょんぴょんと軽くフットワークを使って位置を少しずつ動かしている。

 「緩」の方は、通常の情景や状況の描写である。文末、「だった」「いた」「いた」「だけだ」と言う具合に、過去形で淡々と語られる。
 一方「急」の例文では「とった」「であろう」「いる」とリズミカルな語感を演出するために過去形と現在形が使用され、一読してそのスピード感や緊迫感は明らかである。このような表現は、「ここぞ」というシーンで使う。逆に通常の地の文でこういう表現を多用していると、いざという時にコントラストがつかなくなるのである。
 こんなポイントにも注目して小説を読んでみると勉強になる。
 

 

(2016年4月10日(日) 17:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ブログ10万人訪問、著書の受賞歴あり!小説作りの楽しさを伝授します

新着記事

拙著「不死の宴 第一部 終戦編」から引用を基に、そのシーンは何のためにあるかを解説。 自分の作品は遠慮なくネタにできて楽でいいですな。 以下引用-------------------  ようやく松も取れた頃合いなので、諏訪神社の本宮は初詣客も落ち着いていた。午前中とはいえ、もう昼近い...

話題の映画「万引き家族」(是枝裕和)を観たので、その感想を。 この文章は完全にネタばれを含んでいるのでご注意ください。 バブル崩壊で地上げから漏れた東京下町の一軒家に不思議な家族が暮らしている。 日雇い仕事の父・柴田治とクリーニング工場で働く妻・信代、息子・祥太、JK風俗で働く信代の...

 今回は、自分では意識していなかったが他者から指摘されて気づいたテクニックについて。 例文はまたしても拙著「不死の宴」から。  空は青く白んでいるが、昇ったはずの太陽はまだ山の向こうだった。諏訪神社上社の前宮は、まだ山の陰に入っていた。  守矢みどりは分室での夜勤を終え、帰宅前の前...

 今回も拙著「不死の宴・第一部・終戦編」の一部を引用して、作家が文章を書くときに考えていることを解説する。  まず最初に初稿の段階の文章をお読みいただきたい。舞台は昭和十八年の九月だ。 以下  上諏訪町の駅に列車が到着したのは午後一時を過ぎた頃だった。朝八時に新宿を出てから四時間...

 小説の語りでは一人称と三人称がある。これに関しては「1人称、3人称、神の視点」で説明した。基本的に一章、一段落などの間でこの人称が混在することはないし、混在すると物語が支離滅裂になって理解不能になる。  では次の例文を読んでみよう。拙著「不死の宴・第一部・終戦編」の第九章の一部である。終戦...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、小説レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ