サイタ趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ 推敲のポイント...

推敲のポイントとは

 小説や詩など、原稿を書くことを習ったりする場合、「もっと推敲してください」などと指摘されることがあるだろう。そもそも、推敲とはどの程度、そしてどのようにすればいいのだろうか?

 推敲とは、文章をより良いものにするために呻吟することである。ただ闇雲に考えるのではなくポイントがあることも確か。以下の四点だろうか。

・描写の過不足
 言葉足らずで、イメージが十分に伝わっていないことはないか。またストーリーに全く無関係で雰囲気作りにも役に立っていない無駄な描写はないか?本当に必要なモノか?

・叙述の順番
 その出来事は、そこで語るべきことか否か?もっと後段で語るべきことではないか?逆にそれは、もっと最初の方で提示しておくべきことではないか?また、その内容はそこで語らず、登場人物の行動の描写と併せて語るべきではないだろうか?

・単純ミス

 誤字脱字。重複する表現(大波が怒濤のように、馬から落馬した、とか)、故事成語の誤用。以前説明したことを気づかずに繰り返していたり、死んだ人間を再び登場させるなどの間違い。

・語り口
 文章の読みやすさ、読んだ際の気持ちよさ、を向上させる。

 特に最後の語り口は話芸としての小説に重要なポイントである。これは、自分の書いた文章を音読してみるといい。句読点の位置や、文章の長さなど、音読することで自分のもっとも納得する形を模索して欲しい。

 ぜひ納得行くまで推敲する癖を付けて欲しい。

 

(2016年3月31日(木) 9:18)

前の記事

次の記事

新着記事

下記の日程で、小説講座を持つことになりました。 体験レッスンにご不安があったり、このハゲおやじ(俺な)大丈夫かよという不安のある方は、この講座を利用してみるのも良いかも。 受講料は無料(私のギャラは市から出ます・苦笑) 知立市在住在勤でなくとも応募できます。 以下コピー 【はじめ...

「小説指南」にご参加いただいている高杉さんの作品が、エブリスタ(2019/4/11)の新作セレクションに取り上げられました。 皆さん奮ってお読みください。 恋愛マネーゲーム 著者:高杉愁士朗 他にもカクヨムなどの投稿サイトで作品を発表されてる生徒さんが大勢います。 創作をされ...

 小説を書いているときに直面する問題に、「名無しの登場人物」がある。  そのシーンでかなり重要な役回りではあるけど、以後のシーンでは出てこないので名前もない、という役である。  映画のシナリオの場合は、青年1、2、3ですむのだが、小説の場合そうはいかない。  そこで、次のような手段をとる...

 映画を観たときに、原作と主役のイメージが違うと感じたことはないだろうか。  これは、原作の小説が、主役の外見や外貌などの描写をせずに、読者の想像力に委ねているからである。  そこで原作を読んだ読者の数だけ主役の人間のイメージがあり、映像化に際しては、その最大公約数でイメージが作られている...

本日、名古屋国際会議場のイベントホールで行われた名古屋コミティア53に参加してきた。 地方で行われるコミティアの一つで、今年で25周年の53回目とのこと。 マンガや小説やゲームなどの同人誌展示即売会なのですが、特徴的なのは二次創作不可のオリジナルコンテンツに限るということ。 今回、還...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、小説レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ