サイタ趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ 「教える力」と...

「教える力」とは

 スポーツのコーチや、職業の技などを教えるのには巧い下手がある。また名選手必ずしも名コーチならずなどとも言われる。
 「教える力」とはいったい何なのか?

 スポーツや武道などで、無駄な「力み」をとるために昔から行われたのは、「千本突き」とか「千本ノック」などの「へとへとになるまで繰り返す」練習だった。否応なく力が入らない状態までもっていくわけである。正しい形を身につけるために回数をこなすのは決して間違いではないが、そのために当人達のモチベーションを下げては元も子もない。
 なぜ「力み」を取らなければならないか。どうやって「力み」を取るか、教える人間はそれを「言葉」で伝えるしかない。

 仕事でも同様だ。
 私は苦情電話処理を行っていたのだが、「それはお答えできない」ではなく「それはご案内していません」と言え、と教わる。理由ではなく「経験則」をコピーするように教わるのだが、それだけに忘れる者も多い。
 そのため「ご回答はいたしかねます」という返答をして相手を怒らせてしまう。どれほど慇懃な表現でも「いたしかねます」は「拒絶」である。むしろ、多少ぞんざいでも「それは、ご案内していないんですよ」の方がお客の反感が少ない。
 これなど教える段階において言葉で「できない、という拒絶の表現は相手の心に刺さるけど、していない、という状況説明表現は心に刺さらない」のだ、といえば一発でわかる。この言葉にしないで経験則をコピーするように教えるためになかなか覚えられないのである。

 「教える力」とは、「こつ」や「経験則」などを適切な言葉で伝えることができる、「言語化する力」に他ならない。

 

(2016年3月24日(木) 9:01)

前の記事

次の記事

新着記事

この記事はネタバレを含んでいるので映画を見てからお読みいただきたい。今回は長い。 先日、トッド・フィリップス監督作品「ジョーカー」を観た。「タクシー・ドライバー」との共通点を聞いていたので二つの作品を通して分析してみた。  マーティン・スコセッシ監督作品「タクシードライバー」(19...

名古屋コミティア55への参加が決定しました。 2019年10月14日(月) 名古屋国際展示場イベントホール サークル名:小説指南 スペース:D-07 当日は、コーチ・栗林の著作の販売と会員(生徒)諸氏の著作の販売。 また会員諸氏のWEB小説の案内をしたフライヤーを作ってばら...

 私の生徒さんには、インターネット上の投稿サイトに飽きたらず公募に挑戦する方が少なくない。  彼らがぶつかる壁が予選通過である。投稿サイトでは膨大なPVをあげてたくさんの「いいね」をもらっているのにどうして二次予選を突破できなかったのか等。  投稿サイトでは、「荒削りでも一点気に入る」...

下記の日程で、小説講座を持つことになりました。 体験レッスンにご不安があったり、このハゲおやじ(俺な)大丈夫かよという不安のある方は、この講座を利用してみるのも良いかも。 受講料は無料(私のギャラは市から出ます・苦笑) 知立市在住在勤でなくとも応募できます。 以下コピー 【はじめ...

 小説を書いているときに直面する問題に、「名無しの登場人物」がある。  そのシーンでかなり重要な役回りではあるけど、以後のシーンでは出てこないので名前もない、という役である。  映画のシナリオの場合は、青年1、2、3ですむのだが、小説の場合そうはいかない。  そこで、次のような手段をとる...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、小説レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ