サイタ趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ 会話の魔術

会話の魔術

 常々、小説は「話芸」であると言っているが、そう思ったきっかけは、苦情電話処理の仕事をするようになってからである。
 私は作家としての知名度はほぼ皆無。長年のブログの読者ぐらいしか買ってくれないので、小説だけの収入では当然生活できない。そこで三年前から、私はメーカーのコールセンターで苦情電話の初期受信業務に就いていたのである。この三年間がじつに小説修行にもなっている。今回は、そんな話である。
 苦情電話の初期対応はマニュアルがあるので迷う事はないし、どの相談員が出ても同じ回答になるのだが、不思議なことに相談員の巧い下手で、相手の反応には差がでるのである。

 例を挙げてみよう。

 商品の品質に関する問い合わせや苦情は、当然メーカーで受けねばならない。だが、販売会社で製品を売った際の接客やマナーなどの対応の苦情となるとこれはメーカーとしては関与のしようがない。最大限できることは「こういうご指摘があった」とお伝えする程度である。

 この応対だが、同じ内容を伝えながら正反対の結果になる事がある。

一、炎上パターン

 「先日、御社の製品を買ったのだが、そのときの販売店の対応に大変立腹した」
 「お客様、接客に関することですと、販売会社と私どもメーカーは別会社ですから、指示命令や指導もできずお話お伝えすることぐらいしかできません。それでもよければお聞かせください」
 「そんな対応しかできないのか、おまえじゃ話にならない上司に代われ、客にとっては●●販売もメーカーの●●も同じだろうが」

二、感謝されるパターン

 「先日、御社の製品を買ったのだが、そのときの販売店の対応に大変立腹した」
 「それはご不審の念を抱かせましたね。詳しくお聞かせください」
 「(詳しい内容)」
 「そうだったのですか、販売会社のこととはいえご不審な思いをさせました。お話伺って判りましたが、これは販売会社さんとお客様との間のお話で、私どもメーカーが立ち入れる問題ではありません。残念ながら関与ができません。
 ただ、せっかくお話お聞きしましたので、このご指摘、私どもからも●●販売株式会社にお伝えいたします。ただ、お伝えするだけで、指示命令や指導はできませんので、その点はご理解ください」
 「ええ?●●さんと●●販売さんって違う会社なの?」
 「そうなんです、もうしわけない。でもご指摘お伝えすることはできますから、させてください」
 「まあ、関係ないことなのにお手数かけてありがとう」

 どうだろうか。両パターンとも、伝えている内容は全く同じなのに反応は正反対である。詳細を見ていこう。

 炎上パターンでは「お伝えすることしかできません」と言っている。感謝される方は、「お伝えすることならできます」だ。この「できません」と「できます」の違いが全体のトーンを消極的で逃げ腰か積極的で前向きかのイメージの違いになっている。

 炎上パターンでは、客の話の詳細まで聞かずに「できません」。感謝パターンでは、じっくり聞き込んだ上で判断している。
 さらに、いきなり「伝えることしかできませんが、よければ話して」と、「関与はできません、ただ、お話聞いたので伝えさせてください」の違いだ。
 感謝パターンが、まず「できない」と地獄に突き落としてから「伝えさせて」と蜘蛛の糸を垂らすのに対して、炎上パターンは「伝えることしかできない」といきなり蜘蛛の糸を見せるのである。同じ「蜘蛛の糸」でもありがたみが正反対だ。

 また、販売会社とメーカーが別会社であるという事も、炎上パターンの方は、早々に冒頭で「説明」しているのに対し、感謝パターンは客が「気づく」ように誘導している。説明で理解することは人によっては論破されたことと同義である。気づきであれば人は反発せずに受け入れる。これもテクニックである。さらに「別会社」ということは責任回避というネガティブな印象を与えてしまう。

 これがクレーム電話対応も「話芸である」という所以である。叙述の順番で印象が変わる。これが小説などのストーリーづくりと大変似ているのである。
 相手にどんな印象を与えるかを考えながら組み立てるところも小説と同じだ。

 

(2016年3月15日(火) 20:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ブログ10万人訪問、著書の受賞歴あり!小説作りの楽しさを伝授します

新着記事

拙著「不死の宴 第一部 終戦編」から引用を基に、そのシーンは何のためにあるかを解説。 自分の作品は遠慮なくネタにできて楽でいいですな。 以下引用-------------------  ようやく松も取れた頃合いなので、諏訪神社の本宮は初詣客も落ち着いていた。午前中とはいえ、もう昼近い...

話題の映画「万引き家族」(是枝裕和)を観たので、その感想を。 この文章は完全にネタばれを含んでいるのでご注意ください。 バブル崩壊で地上げから漏れた東京下町の一軒家に不思議な家族が暮らしている。 日雇い仕事の父・柴田治とクリーニング工場で働く妻・信代、息子・祥太、JK風俗で働く信代の...

 今回は、自分では意識していなかったが他者から指摘されて気づいたテクニックについて。 例文はまたしても拙著「不死の宴」から。  空は青く白んでいるが、昇ったはずの太陽はまだ山の向こうだった。諏訪神社上社の前宮は、まだ山の陰に入っていた。  守矢みどりは分室での夜勤を終え、帰宅前の前...

 今回も拙著「不死の宴・第一部・終戦編」の一部を引用して、作家が文章を書くときに考えていることを解説する。  まず最初に初稿の段階の文章をお読みいただきたい。舞台は昭和十八年の九月だ。 以下  上諏訪町の駅に列車が到着したのは午後一時を過ぎた頃だった。朝八時に新宿を出てから四時間...

 小説の語りでは一人称と三人称がある。これに関しては「1人称、3人称、神の視点」で説明した。基本的に一章、一段落などの間でこの人称が混在することはないし、混在すると物語が支離滅裂になって理解不能になる。  では次の例文を読んでみよう。拙著「不死の宴・第一部・終戦編」の第九章の一部である。終戦...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、小説レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ