全国5万人が受講している「サイタ」

小説書き方講座・教室

小説書き方講座・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ 大きな嘘を補強...

大きな嘘を補強するのは細部のリアリティー

 今、昭和十八年を舞台にしたSF小説を書いている。小説に限らずフィクションとは「嘘」であるが、SF小説は特に読者の予想を裏切る「大嘘」でなければならない。このような大嘘に必要なことこそ細部のもっともらしいリアリティーである。
 そのリアリティーを出すためにどのようなことをしているかを、少し種明かしする。

 当時の地方の国鉄(今のJR)駅を描写するために、駅に掲示されていたかもしれない同じ時代の広告ポスターを調べた。そこで、某企業の広告の戦中の広告の変化を知ることができたので、登場人物が、駅に貼られたそのポスターが半年前より戦時色が強まったことを感じる描写を入れた。
 このように、資料を当たることでシーンが思い浮かぶ。逆に言えば、ここまで煮詰めてから書いているということだ。そうすればいったん書き始めた後に筆が止まると言うことはあまりなくなる。

 リアリティーというのは「モノ」や「現象」だけでない。当時の人々の感覚も重要である。例を挙げてみよう。

 昭和十八年の作中で語られる「写真」や「映画」は大半がモノクロだ。だから、カラー写真やカラーフィルムが出てきた場合は、登場人物は「お、天然色(当時の言い方)だ!」と思わねばならない。ちなみに、昭和の五十年代に広告業界に就職した私は、「モノクロフィルムの方がカラーフィルムより高額」になっていることを知って驚いたものである。

 同様な世間一般の意識の変化は、男女関係、教育関係など社会全体に及んでいる。インターネットのおかげで「モノ」や「現象」のリアルは資料がすぐ手に入るが、この社会意識のリアルは、作家のセンスや想像力が必要だ。

 このセンスが磨かれていれば、幻想小説などで架空の世界の構築をする際にもリアルな世界を構築できる。広く社会に目を向けて、センスを磨いてほしい。

 

(2015年11月29日(日) 11:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ブログ10万人訪問、著書の受賞歴あり!小説作りの楽しさを伝授します

小説指南
栗林元 (小説)

名古屋・金山・鶴舞・大曽根・勝川・高蔵寺・岐阜・犬山・小牧・田県神社前・平安通・黒川...

ブログ記事 ページ先頭へ