全国5万人が受講している「サイタ」

小説書き方講座・教室

小説書き方講座・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ 読者の共感を得...

読者の共感を得るとは

 小説を読んだときに、「そうなんだよな」とか「わかる」といった腑に落ちる感覚があると思う。
 これが、作者や作中人物に対して共感する瞬間である。この体験があることによって、もっとこの作者の作品を読みたい、またこの登場人物に会いたい、という気持ちになるわけだ。

 小説を書くからには、読者にそのような「共感」を体験させたいものである。
 そこで、私が生徒諸氏にお勧めしているのが、自分と年齢の近い作家の作品を読むことである。
 自分と同じ音楽を聴き、同じ教育を受け、同じ映画を見て、同じテレビを見て、つまり同じ時代の空気を吸っている同時代で同世代の作家が、現代を、「どう見て」「どう感じ」「どう考え」「どう作品化」したのかを見極めることが大切なのだ。その上で、「なるほど」と思うこともあれば「それは違う」と感じることもあろう。
 それが大事なのだ。

 とはいえ、「共感」とは、読者に迎合することではない。「共感」を得ようとして、考えや感覚を「普通」にしてしまうのは本末転倒だ。
 むしろ、読者が感じてはいるけど、はっきりと気づいていないことを「意識化」して提示し、その何とも名状しがたい気分とは、こういうものだと提示することによって、「そうだったのか」「そうそうそういうことなんだ」と感じさせることができる。それこそが「共感」なのだろう。

 最近では、私自身はこのような感覚を重松清さんの作品で感じることが多かった。重松さんは、私より二歳年下だが、まさに同時代で同世代の作家である。
 そんな作家を見つけることも小説創作の修行の一助になると思う。

 

(2015年11月5日(木) 14:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ブログ10万人訪問、著書の受賞歴あり!小説作りの楽しさを伝授します

小説指南
栗林元 (小説)

名古屋・金山・鶴舞・大曽根・勝川・高蔵寺・多治見・岐阜・犬山・小牧・田県神社前・平安...

ブログ記事 ページ先頭へ