全国5万人が受講している「サイタ」

小説書き方講座・教室

小説書き方講座・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ 小説作法の「守...

小説作法の「守・破・離」

 芸能や武道における修行段階でよく言われるのが「守・破・離」ということ。私は少林寺拳法を修行する際にこの言葉を習った。

 「守」とは師の教えや教科書のような基本を守りしっかりと身につける段階のこと。
 「破」とは、基本を身につけた上で、あえてその教えを破り自分の個性に合わせて試行錯誤をしてみる段階。
 そして「離」とは、師の教えを離れた自分だけの名人の境地に立つ段階である。

 私が「小説指南」でコーチをしている部分はまさに、この「守」の部分である。

 ・登場人物の気持ちをセリフで語らせない。
 ・状況は、説明ではなく描写せよ。
 ・既視感のある設定でもあきらめずに考えよ。
 ・人物造形とは、行動原理を決め業を背負わせること。

 この基本を身につけた後は、その約束事をあえて離れてみてほしい。そこに新しい世界が広がってくる。
 例えば、「ゼウスガーデン衰亡史」(小林恭二)は、架空のアトラクションパークの盛衰を歴史書のスタイルで書いていて、全編が「説明」である。
 この試行錯誤で、作家自身がなにを掴むかまでは教えられない。また、教えてはいけないと思っている。

 この「守・破・離」という言葉だが、長らく世阿見の「風姿花伝」の中の言葉と教わっていたのだが、他にも「利休説」など諸説あるようだ。

 

(2015年9月7日(月) 11:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ブログ10万人訪問、著書の受賞歴あり!小説作りの楽しさを伝授します

小説指南
栗林元 (小説)

名古屋・金山・鶴舞・大曽根・勝川・高蔵寺・多治見・岐阜・犬山・小牧・田県神社前・平安...

ブログ記事 ページ先頭へ