サイタ趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ 自分の成長に連...

自分の成長に連れて文体は変わる

 先日のレッスンで生徒さんから作品の途中で文体を変えようかと思うと相談された。

 もともとライトノベルを志向されていたのだが、現在書いている物語はご本人の抱えて克服してきた悩み思いを描いている。テーマ的には重いのだがそれをコミカルに描いていこうというもの。
 本人は書きながら、あえてライトノベル的なスタイルや表現にするには無理があると感じ始めたのである。

 彼女は、ライトノベルのコンテストの一時予選通過の作品を持ってこの「小説指南」の門をたたかれたのだが、それは会話主体で進行する、シナリオのような状態だった。

 ただ、「登場人物の気持ちをセリフで語らせずに描写で描く」、「物語の進行を説明に逃げずに描写する」などの指摘で、現在書いている第二稿は見違えるほど小説になっている。また、登場人物たちが物語の進行でどのように気持ちが変わっていくかを、彼女の脳内でうっすらとした感覚でしかなかったものを意識化することで、一気に迷いがふっきれたように原稿を進めている。
 その過程で沸き上がった気持ちが、「文体や語り口をもっと自然なものに変えたい」だったのだ。

 作家として、こういうことはままあるのだ。特に小説を書き始めて間もない頃は、書きながらどんどんと描写力や表現力が付いてくる。ラストを書きながら、冒頭を読み返すと、その未熟さに自分で苦笑するぐらい上達するのである。

 彼女には、次のアドバイスを送っておいた。
 「本当に売れているライトノベルは、ライトではあってもちゃんとノベル(小説)になっている。あなたの気づきは成長の証だから信じたとおりにやりなさい」と。

 この講座で若い人たちと小説の話をしていると、小説を描き始めた若いころの自分の気持ちを追体験することができる。私自身、大いに刺激をいただいているわけだ。
 

 

(2015年7月31日(金) 11:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ブログ10万人訪問、著書の受賞歴あり!小説作りの楽しさを伝授します

新着記事

 今回は、自分では意識していなかったが他者から指摘されて気づいたテクニックについて。 例文はまたしても拙著「不死の宴」から。  空は青く白んでいるが、昇ったはずの太陽はまだ山の向こうだった。諏訪神社上社の前宮は、まだ山の陰に入っていた。  守矢みどりは分室での夜勤を終え、帰宅前の前...

 今回も拙著「不死の宴・第一部・終戦編」の一部を引用して、作家が文章を書くときに考えていることを解説する。  まず最初に初稿の段階の文章をお読みいただきたい。舞台は昭和十八年の九月だ。 以下  上諏訪町の駅に列車が到着したのは午後一時を過ぎた頃だった。朝八時に新宿を出てから四時間...

 小説の語りでは一人称と三人称がある。これに関しては「1人称、3人称、神の視点」で説明した。基本的に一章、一段落などの間でこの人称が混在することはないし、混在すると物語が支離滅裂になって理解不能になる。  では次の例文を読んでみよう。拙著「不死の宴・第一部・終戦編」の第九章の一部である。終戦...

高杉さんは、当「小説指南」でご縁があった生徒さん。 今回、AmazonのKDP(キンドル・ダイレクト・バブリッシング)で小説をリリースされました。 性同一性障害の妹にハラハラする兄貴のお話です。 軽妙な語りでライトノベル風なスタイルだけど、恋をするだけでも大変な彼女と彼らの気持ちが見...

私事で申し訳ありませんが、コーチ・栗林が新しい電子書籍を出しましたのでご案内。 8/16(太平洋標準時)の間は無料でダウンロードできますので、普段偉そうに語っている栗林の作品がどの程度のモノか見極めてやる、って方はぜひダウンロードください。 AmazonのKindleストアです。 8/1...

ブログ記事 ページ先頭へ