全国5万人が受講している「サイタ」

小説書き方講座・教室

小説書き方講座・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ BLOGを活か...

BLOGを活かす

 私は2004年から「読書記録゛(どくしょきろぐ)」というBLOGを続けている。
 昨今ではLINEやFaceBookなどのソーシャルメディアが主流で、BLOGを書かれている人は一頃より多くはない。ただ、作家修行をしている方にとっては、BLOGは文章力を維持するためによいツールである。今回は作家修行者にとってのBLOGの活用法を書いてみたい。

 小説と同様、BLOGも読まれてこそ意味がある。そのために、心がけていることを列挙する。

・コンテンツは自分の興味・仕事・日常に関することを中心に据えると続けやすい。
 私の場合、小説を書いたり読んだりする事が好きで、作品鑑賞に関しても一家言持っているので、「書評関係」。また勤務先だった広告会社でディレクター職などもやっていたので、「広告・マーケティング・WEB関係」を話題の中心に据えた。
 ネタがつきないようにする、と同時に専門性を持たせるわけである。

・身辺雑記はほどほどにする。
 少し考えればわかることだが、アイドルでも著名人でもない、市井の一私人の身辺雑記を読みたい人がいるだろうか?ただ、例外はある。身辺雑記を軽妙で気持ちのいい語り口で、さらに常人とは違うユニークな視点から語れる人なら、その人は読者を獲得できる可能性はある。

・しっかりとした記事にする
 これは私のささやかなプライドかもしれないが、自分のBLOGの書評や論評に関しては、いい加減なものは書かないようにしている。すべての記事に自分の作品への広告リンクを入れている手前、恥ずかしいものは書けないのである。
 そのかわり、気を抜かずに書いた記事はそれ自体をtwitterやFaceBookで多くの方にシェアしてもらえることが多く、本のささやかな売り上げはそれが稼いでいるといっていい。
 また、過去の記事自体がアーカイブとしていつまでもアクセスを稼いでくれる。私の「読書記録゛」に関して言えば、今でも毎月一番アクセスをかせいでいる記事は、2005年に書いたジョージ秋山さんのマンガ「ザ・ムーン」を紹介した記事である。

・定期的に更新する
 定期的に更新して読み応えのある記事をアップすることで、固定読者を獲得することができる。その際、更新告知をtwitterやFaceBookで行うことを忘れてはいけない。

 力あるBLOGを運用することで、自分の作品のアピールも可能になってくる。また、記事のコメントを通してご指摘や意見もいただける。
 作家修行中の方こそ、BLOGを上手に運用してほしい。

 

(2015年5月18日(月) 21:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ブログ10万人訪問、著書の受賞歴あり!小説作りの楽しさを伝授します

小説指南
栗林元 (小説)

名古屋・金山・鶴舞・大曽根・勝川・高蔵寺・岐阜・犬山・小牧・田県神社前・平安通・黒川...

ブログ記事 ページ先頭へ