サイタ趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ 反感を与える文...

反感を与える文章や会話について考えてみた

 日本人は文章を書くことが大好きだ。特に近年、インターネットでBLOGやSNSなど自分の意見やコメントを発表する場所や手段が爆発的に増えたため、全国民が評論家になったような状態である。

 このような書き出しを読むと、この後、そんな風潮を嘆いて辛口の批評でも書くだろうと思われるが、それは普通の自称知識人さんにお任せする。
 私自身は、そんな現在に大賛成。今まで出版や放送という高い壁で守られていたメディアに対して、一般人(私も含む)が声を上げることができる現在はいい時代である。

 楽器ができない、楽譜が読めない、俺音痴だし、といった壁をボーカロイドが崩してくれた。良いメロディーができたんだと、発信すれば、瞬く間に大勢が集まって編曲や演奏をして曲を作ってくれる。その曲をプロの音楽家がカバーする。痛快な時代じゃないか。
 同様に、今まで既存メディアが取り上げなかった声なき声がネットを通して発表されているのである。

 そのような意見表明の場でよく見られるのが「炎上」だ。だが炎上するケースには必ず原因がある。さあ、長い前振りだったが、今回は、「反感を買う文章、反感を買う表現」に関しての話である。

 話を聞いた相手、文章を読んだ読者が、反感を感じる場合の大半が、その人の「上から目線」である。
 例えば、人に知識を伝える場合、「知らないみんなに教えてあげよう」という上から目線では反感を買うだけだ。学校など、最初から知識を習う場所ならいざ知らず、普通の場面で人に教える場合、「知らないことを小馬鹿にされた」「ほう、よくご存じでご立派ですね」と反感を買うこともある。反感を買わない話し方は、「知らなかった自分が、これを知ってこう感じた」と体験に変えて話すことである。
 上から目線が許されるのは、その道を究めた専門家だけである。また専門家には言論にそれだけの責任があるわけだ。

 もう一つの反感は「自慢」である。人間は誰でも自分をよく見せたいし、よく見られたい。自分を見てほしい。無視されたくない。このような気持ちを、「承認欲求」というのだが、会話や文中にそれが散見されると相手や読者から反感を買うし、人によっては軽侮の感を抱かれてしまう。

 この承認欲求の最たるものが「自分史」である。この「自分史」でその人の成熟度がわかるのだ。経営者の方などで自分史を書かれる方も多いが、優れた自分史では、自分の成功や自慢などは一つも書かれていない。逆に失敗を語っている。その失敗で何を学んだかが書かれている。失敗していたときに支えてくれた周囲に対する感謝が書かれている。功成り名を遂げた自分などは、今の自分を見てくれればわかる、と構えている。そんな経営者こそかっこいいよね。

 反感を買わないモノの言い方って、あると思う。みなさんも工夫してみてほしい。

 作家・清水義範さんは「身もフタもない日本文学史」の中で、「日本人がエッセイを書くときは、男は兼好になって社会をしかり、女は清少納言になってセンスを自慢する」と書いている。現在の日本のインターネットには、まさに兼好と清少納言があふれかえっている。

 だから、インターネットは面白いのだ。

 

(2015年4月25日(土) 11:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ブログ10万人訪問、著書の受賞歴あり!小説作りの楽しさを伝授します

新着記事

拙著「不死の宴 第一部 終戦編」から引用を基に、そのシーンは何のためにあるかを解説。 自分の作品は遠慮なくネタにできて楽でいいですな。 以下引用-------------------  ようやく松も取れた頃合いなので、諏訪神社の本宮は初詣客も落ち着いていた。午前中とはいえ、もう昼近い...

話題の映画「万引き家族」(是枝裕和)を観たので、その感想を。 この文章は完全にネタばれを含んでいるのでご注意ください。 バブル崩壊で地上げから漏れた東京下町の一軒家に不思議な家族が暮らしている。 日雇い仕事の父・柴田治とクリーニング工場で働く妻・信代、息子・祥太、JK風俗で働く信代の...

 今回は、自分では意識していなかったが他者から指摘されて気づいたテクニックについて。 例文はまたしても拙著「不死の宴」から。  空は青く白んでいるが、昇ったはずの太陽はまだ山の向こうだった。諏訪神社上社の前宮は、まだ山の陰に入っていた。  守矢みどりは分室での夜勤を終え、帰宅前の前...

 今回も拙著「不死の宴・第一部・終戦編」の一部を引用して、作家が文章を書くときに考えていることを解説する。  まず最初に初稿の段階の文章をお読みいただきたい。舞台は昭和十八年の九月だ。 以下  上諏訪町の駅に列車が到着したのは午後一時を過ぎた頃だった。朝八時に新宿を出てから四時間...

 小説の語りでは一人称と三人称がある。これに関しては「1人称、3人称、神の視点」で説明した。基本的に一章、一段落などの間でこの人称が混在することはないし、混在すると物語が支離滅裂になって理解不能になる。  では次の例文を読んでみよう。拙著「不死の宴・第一部・終戦編」の第九章の一部である。終戦...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、小説レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ