全国5万人が受講している「サイタ」

小説書き方講座・教室

小説書き方講座・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ 自分だけの、い...

自分だけの、いつでも執筆環境の構築

 今回は、昨年書いた「自分だけの、どこでも執筆環境の構築」の続編である。
 仕事を持ちながら小説を書いている方にとっては、じっくりと作品と向き合う時間を持つことは至難の業だ。そこで以前の記事では、どこでも原稿の執筆ができるスタイルを作者の経験から説明した。
 テキストを打つデバイスとして主としてキングジムのポメラを使い、校正などはスマホ、最終完成はPCという具合に主にハード面のお話だった。そこで、今回はソフト面から。
 会社員をしながら小説を書いていくためには、どこでも原稿が書けると同時に、細切れの短時間にすぐ原稿と向き合えることも非常に重要だ。
 そこで新幹線の移動中や、不意に生じた待ち合わせの時間などにも、書いてある原稿の推敲や校正ができるように、完成までの原稿を「EverNote」というクラウドアプリで管理している。このアプリはテキストのみならず写真などのファイルも保存が利き、アプリの入ったPC・スマートフォン・アンドロイドタブレットなどであれば、どこからもアクセスしてファイルの修正が可能である(写真参照)。
 出先で思いついたアイデア、資料になりそうな撮影した写真などをスマホからアップする。PCで書き始めた第一章を保存しておき、出先での空き時間にスマートフォン等のデバイスから修正するなどの使い方をしている。さらにいいところは、自分のアカウントのEverNoteのEメールアドレスができるので、そこへメールで送ったものが、そのままノートとして保存されるのだ。
 私は、iPhone上でキングジムのShotNoteというアプリも使っている。これは、四隅にマーカーの入った紙に書いた文字を撮影すると、それの歪みを補正して画像ファイル化してくれるもので、添付した画像のようなものができる。これもShotNote上から直接メールで送信が可能なので、EverNote宛に送ってやると、ダイレクトにEverNoteのノートになって保存されているというナイスな連係プレーが可能だ。
 実際の小説執筆に当たっては、章ごとに1ファイルにしてそのファイル群を小説タイトルのノートとして保存している。これをそのまま、アウトラインプロセッサに落とし込んでいるわけだ。
 またアウトラインプロセッサは、いろいろな種類がある。私はStoryEditorを使っているが、MacとWindowsが混在するような環境であれば、Olivia がすぐれものと言われている。
 みなさんもいつでも執筆できるスタイルを試行錯誤していただきたい。楽しいよ。

EverNote
https://evernote.com/intl/jp/
Olivia IWE
http://olivinecafe.info/software/olivia/

自分だけの、いつでも執筆環境の構築自分だけの、いつでも執筆環境の構築自分だけの、いつでも執筆環境の構築

(2015年4月9日(木) 12:55)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ブログ10万人訪問、著書の受賞歴あり!小説作りの楽しさを伝授します

小説指南
栗林元 (小説)

名古屋・金山・鶴舞・大曽根・勝川・高蔵寺・岐阜・犬山・小牧・田県神社前・平安通・黒川...

ブログ記事 ページ先頭へ