全国5万人が受講している「サイタ」

小説書き方講座・教室

小説書き方講座・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ 描写で語れ

描写で語れ

先日、テレビのインタビューで松任谷由美さんが示唆に富んだ話をしていたので、その話題。

ユーミンは、恋の歌を作る際の取材(みんなから恋話を聞くこと)で、恋の現場のディテールを聞き込むと言っていた。何故なら、「私は歌の中で描写するんです」とのこと。そこで私は、はっと気づいたわけだ。

 実は、先日25歳になる長女が「何で、80年代や90年代のJ-POPってあんなにいい歌が多いんだろう」と言っていた。私も、最近の日本の歌って、ぴんとこないよな、年をとったせいだろうか、特にJーRAPなんて何がいいのかさっぱりだ、と感じていたのだが、このユーミンの「描写するんです」の一言で、一気にそのあたりの謎が解けた。

 これは以前、このブログの「描写と説明」でもふれた、シナリオ作法での「描写で語れ」ということにほかならない。
 小説で言うならば、「心象風景の描写」である。人物の心を通した情景の描写で、人物の心を語るわけだ。その時の気持ちによって、雨は「冷たく無慈悲」にもなれば、「優しく悲しみを癒してくれたり」もするわけだ。

 ひるがえって昨今の流行歌はどうだろうか、悲しいときには「悲しい」と、落ち込んだ友人には「がんばれよ」と、好きな相手には「愛している」と直接叫びまくっているわけだ。「叫び」という表現は、ここぞという時に使うからこそインパクトのある表現である。

 ユーミンは、分かれた恋人を回想する寂寥感と懐かしさを、「寂しい」と言葉にせず、そのかわりに、窓にかざしたグラス越しに「ソーダ水の中を貨物船が通る」と描写するのだ。
 中島みゆきは、悲しむ友人に、「おまえを守る!」と叫ぶかわりに、心の中で「君が涙の時には、僕はポプラの枝になる」と決意するのだ。

 小説を書こうと志す人は、このような表現に敏感になってほしい。

 

(2014年9月15日(月) 14:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ブログ10万人訪問、著書の受賞歴あり!小説作りの楽しさを伝授します

小説指南
栗林元 (小説)

名古屋・金山・鶴舞・大曽根・勝川・高蔵寺・岐阜・犬山・小牧・田県神社前・平安通・黒川...

ブログ記事 ページ先頭へ