全国5万人が受講している「サイタ」

小説書き方講座・教室

小説書き方講座・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事言葉/文章講座小説愛知 小説指南 スクールブログ シリーズ物語に...

シリーズ物語について考えた

これは、以前、自分のブログ「読書記録゛(どくしょきろぐ)」に書いた文だが、創作者の方には参考になるかもしれないので、転載した。2004年の3月に書いたものである。
以下、本文。

小説にせよマンガにせよ映画にせよゲームにせよ、ファンのはまりやすい「シリーズ物語」というフィクションの形式がある。
作者にしてみれば、登場人物が走り出してしまえば、もう何かに憑かれたように書いていける場合もある。
大まかには次の二つの要素で成り立つと思われる。
●舞台となる世界観を共通とする物語
テレビゲームのRPGや、ファンタジー小説でおなじみの形式だ。最近では「十二国記」(小野不由美)が読み応えがあってよかったな。
考えてみれば、RPGをプレイするということは、プレイヤーがその世界で、一定の約束事の中で自分の物語を作ることである。プレイヤーの数だけ物語があるわけだ。

●舞台は違えど登場人物の物語を固定してしまう物語
極端な表現だが、これの代表は、007シリーズだろうか。
「世界征服をたくらむ悪の組織」に「潜入・捜査」して「一度は捕らえられ」、「美しい敵側の女を籠絡」して「脱出」、「戦力を整えて」「反撃」という構図は見事なまでに守られている。映画「私を愛したスパイ」が、過去のシリーズの中で最も人気のあったシーンを集めてきて脚本を上げたというエピソードが、その証拠といえようか。
また、寅さんシリーズもそうだよね。

現実に市場に出回っているシリーズ物は、以上の二要素の組み合わせである。
真にオリジナリティーのあるシリーズを作りたければ、上記の二要素を根底から覆すような話を考えればいいわけだが、でもそれが面白いかどうかは保証の限りではない。
いわゆる、シリーズのファンにとっての「気持ちよさ」は失われてしまいそうだからだ。

 

(2014年8月4日(月) 23:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ブログ10万人訪問、著書の受賞歴あり!小説作りの楽しさを伝授します

小説指南
栗林元 (小説)

名古屋・金山・鶴舞・大曽根・勝川・高蔵寺・多治見・岐阜・犬山・小牧・田県神社前・平安...

ブログ記事 ページ先頭へ