サイタものづくり・手芸(クラフト)教室刺繍教室愛知 ゆきと刺繍 スクールブログ 世界にはフリー...

世界にはフリーパターンやチャートが一杯!

私が刺しゅうを本格的に習いに行こうと思ったきっかけは、
erbaさんという方のブログがきっかけです。

刺しゅうにのめり込んで国内の書籍だけでは満足できずに
海外の書籍を買い集めていた時、
プントアンティコやレティチェロという
イタリアの伝統刺しゅうの存在を知りました。

google先生(笑)に検索して頂いたところ、
見事にHITしたのがerbaさんのブログです。

刺しゅうの種類はいろいろあります。

ですが、そのほとんどは同じ手法を使ったもので、
デザインの違いとその地方で取れる染料、色の違いが
それぞれの国の伝統刺しゅうとして呼び名が変わり、
いくつもの種類に分かれます。

沢山の種類の刺しゅうを網羅する事は、
手法の組み合わせによってさらに多くの刺しゅうを
図案さえあれば手軽に刺せるようになるという事でもあります。

erbaさんのプントアンティコにあこがれてにあこがれて、
刺しゅうの基礎を確かめたくて私は刺しゅうを習いにいくことを決めました。

と、長い説明はその辺にして。

ニードルレースとハーダンガーとドロンワークが融合したような、
そんなプントアンティコのビスコーニュ。

時がたち、ブログ友達となったerbaさんの
furee pattem から作成させて頂きました。

世界にはフリーパターンやチャートが一杯!

(2015年9月5日(土) 7:41)

前の記事

この記事を書いたコーチ

アットホームさ抜群!失敗も経験してきた先生だから何でも相談しやすい

ブログ記事 ページ先頭へ