全国5万人が受講している「サイタ」

刺繍教室

刺繍教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

ものづくり・手芸(クラフト)教室刺繍教室愛知 ゆきと刺繍 スクールブログ カットワークと...

カットワークとHedebo@過去の作品

名古屋に来てから約3か月。

夏の暑さにびっくり!
体調を崩してしまっておりました・・・。

じわじわと頑張りたいと思います。


写真は、カットワーク(お花の図案)とHedeboのサンプラー

カットワークは、密度が高めの布にボタンホールステッチに似たステッチを施し、先に刺しゅうを済ませてしまう刺しゅうです。
全ての刺しゅうが刺し終わった後、布から必要の無い部分をカットアウトして完成!

ホワイトワークの代表ともいえる刺しゅうなのですが、
見た目がシンプルでエレガントなので、憧れる人が多い半面
同じステッチを繰り返す為、作業が単調な分、荒が目立ちやすい。

つまり、結構難易度が高い刺しゅうとも言えます。


それに比べてHedebo。

実はこのHedeboという刺しゅう。
お花の形に布をカットしたい~等の、初心者さんがちょこっとカットワークしたい時に重宝する簡単な技法を使っているカットワークなんです。

だから、私的には初心者さんにはHedeboの基礎かがりを利用したカットワークをお勧めしたい。

とは言え、実際にHedeboの作品を作ろうとすると。

基礎のカットワーク作業を終えた後に、ニードルレースを施して仕立てていく装飾がメインな刺しゅうなので、カットワークと同じく結構難易度が高い刺しゅうになるんですけどね。

でも、うまく技法を組み合わせて作りたいものを形にしていく。
なんとなくかっこ付くもの、作りたいですよね~^^*


カットワークとHedebo@過去の作品カットワークとHedebo@過去の作品カットワークとHedebo@過去の作品

(2015年8月19日(水) 9:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アットホームさ抜群!失敗も経験してきた先生だから何でも相談しやすい

ブログ記事 ページ先頭へ