サイタものづくり・手芸(クラフト)教室刺繍教室愛知 ゆきと刺繍 スクールブログ アッシジ刺しゅ...

アッシジ刺しゅう

アッシジ刺しゅうと言うイタリアの刺しゅうがあります。

一言で言うならクロスステッチなのですが、
日本国内で販売されているクロスステッチの基礎本とは少し違う刺し方をします。

違いは実際に刺し終えた刺しゅうの裏を見ると一目瞭然。
裏側が全部縦の縞模様になって仕上がります。

現在この刺しゅうの刺し方のテキストを作成中。

8月の初めくらいまでに仕上げられたらいいなぁ~。

アッシジ刺しゅうアッシジ刺しゅう

(2015年7月22日(水) 6:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

アットホームさ抜群!失敗も経験してきた先生だから何でも相談しやすい

新着記事

私が刺しゅうを本格的に習いに行こうと思ったきっかけは、 erbaさんという方のブログがきっかけです。 刺しゅうにのめり込んで国内の書籍だけでは満足できずに 海外の書籍を買い集めていた時、 プントアンティコやレティチェロという イタリアの伝統刺しゅうの存在を知りました。 go...

ニードルレースとカットワークの組み合わせで刺されているこの刺しゅう。 見た目が美しく繊細な作りになっている刺しゅうですが、 そのほとんどがボタンホールステッチ構成されているので ちょっとしたコツさえつかめば後は刺したおすのみ。 リネンのちょっと密度の高い布さえあれば、ほらこの通...

カウントステッチのアジュール刺しゅう。 余りメジャーな刺しゅうではないですが、 日の光にすかすと陰影がとっても綺麗な刺しゅう。 作り方は布目に糸を通して引き締めて模様を作ります。

刺しゅうの糸や針は100円ショップでも購入が可能です。が、 この2点だけは私はどうしても手芸店での購入をお勧めします。 理由は以下の点。 <刺しゅう糸> 100円ショップの刺しゅう糸は兎に角弱い。 なので、すぐにけば立ち、刺し進めるうちに千切れます。 しかも色落ち、色あせも...

独学で和書や洋書などを掻き集めて刺しゅうを学んでいた私ですが、 一人ぼっちで刺し進める刺しゅうに確信がもてず、師匠を求め、 某有名団体の講師カリキュラムを受講する事にしました。 そんな私の経験談などが、習い事(刺しゅう)選びのヒントになればと思い、 書きたいと思います。 ...

ブログ記事 ページ先頭へ