全国5万人が受講している「サイタ」

モンゴル語教室・レッスン

モンゴル語教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事モンゴル語教室東京 基礎から楽しくモンゴル語講座 スクールブログ 内モンゴルの暮...

内モンゴルの暮らし(4)食

内モンゴル地域で暮らしたり旅したりするなら、やっぱり

“食文化”

が気になるところですね。中国文化圏にあって内モンゴル地域は食文化がたいへん充実しているので、食の話題にことかきません。詳しいお話はまた記事を改めて書かせていただくとして、ここでは簡単にその全体像をご紹介いたしましょう。

①典型的なモンゴル料理
遊牧文化が織り成す伝統的なモンゴル料理が、内モンゴルでは楽しむことができます。モンゴル料理には

赤い食べ物 = 肉料理
白い食べ物 = 乳製品

と、いかにも牧畜を中心とした生活形態を如実に反映した分類があります。やはり肉。モンゴル地域に来たなら肉料理を食べておきたいところ。ボーズと呼ばれる、水餃子風の包み系食品が代表的。また豪快に塩茹での骨付き肉も口にする機会も多いでしょう。

またスーテーチェーと呼ばれるモンゴルミルクティもぜひ試して欲しいですね。

②おなじみの中華料理
内モンゴルは中国文化圏にありますので、いわゆる中華料理も豊富です。マーボードウフに代表される激辛の四川料理から、中国東北地方の中華風肉じゃが、炒め物からスープ、餃子、麺、炒飯、ビーフン…枚挙に暇がありません。広い中国各地の食が、どこでも何でも食べられる。食堂はどこへいってもメニューが充実していて飽きさせません。

最近のブームは香港の洋食風レストラン。シンプルな蘭州ラーメンも人気。宴会では円卓に所狭しと料理が並べられます。

食べ過ぎにだけは気をつけて…。

③その他この土地ならではの料理の数々
遠く西からやってきたウイグル料理、北方ロシア方面からやってきたブリヤート料理など食文化の交錯する内モンゴル。さらにはモンゴル料理というべきか中華というべきか、よくわからないこの土地ならではの料理が多々あります。
例えば、ジャガイモ生産が目を見張るこの土地の「さっと揚げたジャガイモと肉の炒め(もっとよい邦訳募集)」がとくに日本人に大人気です。
また蕎麦のような穀物でできた麺や、蒸し麺もおいしいですし、かのシュウマイの原型ともいうべき包みものもこの土地の名産です。


食、まだまだ紹介しきれませんが、また追ってこのブログで少しずつ紹介できたらと思います。

内モンゴルの暮らし(4)食内モンゴルの暮らし(4)食内モンゴルの暮らし(4)食

(2014年10月17日(金) 9:10)

前の記事

この記事を書いたコーチ

名門・内モンゴル大学に留学。5年間の滞在歴を交えて、ゼロからレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ