全国5万人が受講している「サイタ」

モンゴル語教室・レッスン

モンゴル語教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事モンゴル語教室東京 基礎から楽しくモンゴル語講座 スクールブログ 内モンゴルの暮...

内モンゴルの暮らし(1)

私は長らく「内モンゴル(うちもんごる)」に住んでいました。しかし日本ではこの「内モンゴル自治区(うちもんごるじちく)」という場所があまり知られていないこともあって、友達には「モンゴル行ってくる」といって発ったものでした。

モンゴル国(中国とロシアに挟まれた、内陸の独立国)



内モンゴル自治区(中国東北部の自治体)

は、いずれもモンゴル人が住んでいてモンゴル語が使用されているのですが、そもそも国が違います。国が違うので、色々と雰囲気も違います。例えば内モンゴルは中国にありますので、漢民族(漢語、いわゆる中国語を話す人々)がたくさん住んでいます。

詳しくは

内モンゴル情報サイト HOH HOT PEPPER
http://www58.atwiki.jp/hohhot/pages/17.html
モンゴル情報クローズアップ
http://mongol.blog.jp/archives/51693069.html

をご覧ください。

「モンゴル語を学ぶのに、どうしてモンゴル国じゃなくて内モンゴルに行ったのか」とは、滞在中からもよく聞かれていました。実際行ってみると、内モンゴルでもモンゴル国の人々と交流する機会もたくさんありますし、それぞれにそれぞれの良さもあるんだと思います。

これからこのブログで、内モンゴルでの暮らしについてちょっとお伝えしていけたらと思います。

内モンゴルの暮らし(1)内モンゴルの暮らし(1)内モンゴルの暮らし(1)

(2014年3月3日(月) 11:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

名門・内モンゴル大学に留学。5年間の滞在歴を交えて、ゼロからレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ