サイタパソコン教室・IT資格3DCGスクールAutodesk Maya北海道 Autodesk Maya 使い方講座 スクールブログ レッスンで作っ...

レッスンで作った作品

今回は、レッスンで作った作品をレンダリングした画像を紹介します。
これは生徒さんと一緒に作り方をレクチャーした時に作ったものです。モデリング後に質感(マテリアル)の設定とライティングを施しています。
CGの場合、モデリングしただけでは作品にならないので、質感を付けてからレンダリングと言う行程を踏まなければ見える物としては完成しません。そこで重要になるのが質感設定です。質感設定は物体の色や素材感(プラスチックや鉄、ガラスなど)を与えてやる事でレンダリングした時にクォリティが出せるようになります。
今回は、MayaでモデリングしたものをBlenderに持ち込んで質感設定・ライティング・レンダリングをしています。勿論Mayaだけでもレンダリングまでは可能です。
レンダリングまですると、自分が作った作品を人に見せる事が出来て楽しくなりますね。

レッスンで作った作品

(2015年9月3日(木) 18:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

CM制作会社出身。生粋のプロが表現方法~テクニックまでみっちり教える

Autodesk Maya 使い方講座
菅原一敏 (Autodesk Maya)

発寒・琴似・桑園・札幌・苗穂

ブログ記事 ページ先頭へ