サイタ趣味の習い事手品教室東京 初心者のためのマジックレッスン スクールブログ 【マジックに学...

【マジックに学ぶプレゼンテーション力】

こんばんは◎

マジックを学ぶのはプレゼンテーション力を鍛えることにも繋がります。

マジックにはタネ(トリック)があり、大抵のものは大した事のないものなんです。
タネを知った人が「あーなんだ、そんなもんか。」と言うのもそれが理由。

でもその大したことないタネを驚きのマジックに変えるのは、やり方、見せ方、伝え方によるもの。
つまりプレゼンテーション能力です。

どうやったらそのタネを魔法に見せることができるのか、身体の動きからセリフまで徹底的に考えてプレゼンテーションとして仕上げたものがマジックと言えます。

是非マジックを学んで、同時にプレゼンテーション能力も身につけてみませんか?

追伸 さらにマジックを通して、人前で見せることでのコミュニケーション力や人前で話すことへの恐怖心が無くなったりと、いい事尽くめです

 

(2018年8月13日(月) 22:11)

前の記事

次の記事

新着記事

こんばんは、 週末、久々に子供達向けにマジックショーと 体験教室をやってきて、色々考えてみました。 ●年齢によってネタと笑いを変える● 今回、【小学生が対象】となっていたので 凄くありがたかったのですが、 子供の年齢によって子供の考え方や 情報を処理する流れが違うんす...

ご無沙汰しております。 朝日新聞の未来メディアと言う記事です。 https://miraimedia.asahi.com/sdgs2030/kodomocollege/ 横浜市での「あそびぃこどもカレッジ」と言うプロジェクトで 私のマジックの活動について少しだけ取り上げて頂きま...

こんばんは、今井です。 休日なので手品のレッスンが続きました。 小さい時に所属していた団体で大人が沢山道具をくれたので、当時色々な経験が出来ました。 自分が大人になったらお子さんには同じことをしてあげようと思っていました。 今やっとそれが出来ています。 やってみたいことが...

手品で鳩をよく使うのには理由があって、パッと羽を羽ばたかせる時に観客の視線を釘付けに出来るから。 その間に次の段取りが出来る◎ 昔から動くものは「危険」か「食べ物」だったので、脳が自動的に反応するらしい。 人は動くものに気をとられると言う心理を使うなら、 プレゼンの時にここぞと...

あけましておめでとうございます。 サイタはだいぶ開けてしまっていました。 さてさて今日は少し心理学を。 マジックはタネが重要なのではなく、(重要ではあるのだけれど) その演出や雰囲気が効果に大きな影響を与えます。 明るいところでやる浮遊マジックより薄暗いところでやる浮遊マジッ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、手品レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ