サイタ趣味の習い事手品教室東京 初心者のための即戦力マジックレッスン スクールブログ トランプについ...

トランプについて調べ始めるとわけがわからなくなる

マジシャンsobogaです。
どうやらタロットカードはトランプの原型ではないらしい。

どこかでそのように読んで、今まで信じてきたんだけど、歴史的には何の根拠もないばかりか、最近の研究ではトランプのほうがタロットの原型になっているようだ。

ところでトランプという呼び方は日本でしかしない。
英語圏では「playing cards プレイング・カード」、フランス語だと「carte à jouer キャルト・ア・ジュエ」でどちらも遊戯用カードという意味の一般名詞で呼ぶ。

起源についても古代エジプトにその起源があるという研究もあれば、その説を否定する研究結果もあり、最新の研究では中国にルーツがあるみたい。(中国起源にも疑問の余地があるらしいが…)

カードの枚数にいたってはあたりまえだと思っていた52枚(+1〜2枚)もぜんぜんあたりまえではなく、文化によっては32枚や36枚、40枚だったり、中には100枚を超えるものもあるらしい。

せめて仕事道具のことは知っていたいと思って調べ始めたけど、トランプの起源を調べれば調べるほど、何が本当かわからなくなりドツボにはまる。

ひとつだけわかったのはいろんな研究結果があって、いろんな説があって、いろんな主張があるってことだ。つまり本当のことを知ってるのは誰もいないってこと。

そんな謎だらけのトランプをマジックに使い始めたのはいつごろのことなんだろう?

またひとつ知りたいことが出てきたぞ…

そのうち調べます。

トランプについて調べ始めるとわけがわからなくなる

(2018年6月27日(水) 21:33)

前の記事

次の記事

新着記事

マジシャンsobogaです。 2018年現在、マジックのタネなんてググればだいたい見つかります。本や映像で解説されているものも、誰かのオリジナル作品だろうと、商品化されているネタだろうと容赦なくタネ明かしされたものがYouTubeで見つかります。 タネを知りたいだけならそれで十分でしょ...

マジシャンsobogaです。 どうやらタロットカードはトランプの原型ではないらしい。 どこかでそのように読んで、今まで信じてきたんだけど、歴史的には何の根拠もないばかりか、最近の研究ではトランプのほうがタロットの原型になっているようだ。 ところでトランプという呼び方は日本でしかし...

マジシャンsobogaです。 マジックするときにたまに言ったりします。「タネも仕掛けもありますよ〜」なんて感じで。 「タネも仕掛けもございません」なんて始めるマジシャンがホントにいるのか知らないけど、タネのないマジックなんて存在しないわけで導入からウソついてることになりますよね。 で...

マジシャンsobogaです。 1. タネをなんとか見破ろうと目を皿にして挑む。タネを見破ることを楽しむ。 2. タネの部分は気にしない。現象そのものを楽しむ。 3. どうせタネがあるんだろう、騙されないぞ、と身構える。 あなたはマジックを観るときどのタイプですか? どれが良い...

マジシャンsobogaです。 簡単だともいえるし、難しいともいえます。 禅問答みたいな感じでごめんなさいね。 いい方を変えれば、めちゃくちゃ簡単なものから猛烈に難しいものまであります。 楽器の演奏と似ているところがあるかもしれませんね。 演奏テクニックには初級から上級のものま...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、手品レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ