サイタ趣味の習い事手品教室東京 初心者のための即戦力マジックレッスン スクールブログ 『タネ』と『仕...

『タネ』と『仕掛け』の違いはなんだろう?

マジシャンsobogaです。
マジックするときにたまに言ったりします。「タネも仕掛けもありますよ〜」なんて感じで。
「タネも仕掛けもございません」なんて始めるマジシャンがホントにいるのか知らないけど、タネのないマジックなんて存在しないわけで導入からウソついてることになりますよね。

でも、タネはあっても仕掛けのないマジックはたくさんあります。
あ、『タネ』と『仕掛け』の違いなんて考えたことないですか。

『仕掛け』はそのものズバリ仕掛けのある道具のこと。マジックの世界ではギミックって呼んだりします。ステージで使う大掛かりなものから目の前で見せるクロースアップ・マジック用の手のひらサイズのものまでそりゃまあいろいろ。

じゃあ『タネ』ってなんなのってことになるけど、テクニックだったり手順による仕組みだったり仕掛けを使うことだったり。つまりそのマジックの現象を実現するための手法すべてを表してます。
だから仕掛けはタネに含まれるってこと。同列に語るからややこしいんですね。

・仕掛けで現象を起こすマジック
・テクニックだけで現象を起こすマジック
・仕掛けとテクニック両方使って現象を起こすマジック

ざっくり3パターンあるけど、自分がやるマジックの9割が仕掛けのないマジック。ギミックはたまーに使うくらい。仕掛けのある道具は手に取って調べられると都合の悪いことがほとんどで、それが面倒くさいというのがホンネです。

だから自分の場合、『タネはあるけど仕掛けはございません』だったらウソついてないことになるのかな。

『タネ』と『仕掛け』の違いはなんだろう?

(2018年6月12日(火) 1:10)

前の記事

新着記事

マジシャンsobogaです。 マジックするときにたまに言ったりします。「タネも仕掛けもありますよ〜」なんて感じで。 「タネも仕掛けもございません」なんて始めるマジシャンがホントにいるのか知らないけど、タネのないマジックなんて存在しないわけで導入からウソついてることになりますよね。 で...

マジシャンsobogaです。 1. タネをなんとか見破ろうと目を皿にして挑む。タネを見破ることを楽しむ。 2. タネの部分は気にしない。現象そのものを楽しむ。 3. どうせタネがあるんだろう、騙されないぞ、と身構える。 あなたはマジックを観るときどのタイプですか? どれが良い...

マジシャンsobogaです。 簡単だともいえるし、難しいともいえます。 禅問答みたいな感じでごめんなさいね。 いい方を変えれば、めちゃくちゃ簡単なものから猛烈に難しいものまであります。 楽器の演奏と似ているところがあるかもしれませんね。 演奏テクニックには初級から上級のものま...

マジシャンsobogaです。 いやいや、緊張するって。何度場数を踏もうが人前で何かをするときは常に緊張からは逃れられません。そのコトが大事なことであればあるほど。 人前での演奏だとか、プレゼンで大勢の前で話すときとか、好きな女の子を口説くときなんかは必ず緊張しますね? もし緊張しない...

マジシャンsobogaです。 マジックをしていてたまに言われるのが「器用だねえ」という言葉。トランプだったりを扱うさまを見ての言葉です。 この言葉、『(訓練の結果、手先が)器用(に動くん)だねえ』と受け取れる。 それとは逆に『(そのように手が動くのは、手先が)器用(だから)だねえ』と...

ブログ記事 ページ先頭へ