サイタ趣味の習い事手品教室神奈川 初めてのツルちゃんのマジックスクール スクールブログ No310 終...

No310 終わり方も考える

相手が求めている以上に

演じてしまうと

飽きられ

最悪嫌われてしまいます。



少なすぎれば

同じ手品を

もう一度とリクエストされ

断れば場がシラケ

また答えて2度目を行えば

最悪タネがバレてしまいます。



エンディングを

間違えると

消去法から

タネを詮索し始めます。



どのタイミングで

どんなクライマックスを

演出すれば良いかを

意識しながら

練習する事がとても大切です。





マジック講師   鶴岡でした。



おわり












 

(2018年4月29日(日) 23:34)

前の記事

次の記事

新着記事

たまたま手に入れた写真集 「海底美術館」 水中にいろいろな彫刻を沈めて 海の生物と一体となって行く様子を 時間の経過とともに楽しめる写真集です。 何枚もある写真の中で 1枚だけ「オヤッ!」と思う チョット不思議な写真が載っていま...

先日、本屋で見つけた 「錯覚クイズ」という本を 読みました。 この本は、ただ錯覚の絵を 見せるだけの他の物とは違い 人の脳で見た物を どのように処理し変換する事によって 錯覚を起こすのかが詳しく書かれていました。 人に...

横浜にある某小学校には マジック係という物が有るそうです。 児童が得意分野を 学校生活に役立て クラスを盛り上げる為に 自主的に考えて 発案する係の一つだそうです。 今までの事務的で地味な 係活動ではなく 学級生活を...

最近はネットで 手品を学んでいる方が多くいます。 ネットやテレビで見て 不思議だと思った手品を ネットで公開している タネを見て覚える。 とても簡単に覚えられるような 感じがします。 が、残念ながら 好きな所から...

「なかなか上手く出来るようになりません」 と、嘆いている方によく出会います。 詳しく話を聞いてみると 人にほとんど見せた事が無かったり 練習すらしていなかったりです。 上手くなる人と そうでない人の 大きな差は とにかく人...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、手品レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ