全国5万人が受講している「サイタ」

手品(マジック)教室

手品(マジック)教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事手品教室東京 ウケる手品講座 スクールブログ magic d...

magic diary ~ 演技とセリフは同時に行うこと♫ ~

おはようございます♫

手品講師の秋谷です。


5月も終わりいよいよ6月突入まであと僅かですね(^^♪


本日は手品のちょっとしたポイントを紹介していきたいと思います。

●これから始めると現在受けていただいている方へ(^^


今回のテーマは・・・


~演技とセリフは同時に行うこと~

です♫


手品の"あるある"なのですが・・・

仕組みや手順を理解するとそこで終わらしてしまう方が意外と多いです(^^


実は仕組みを理解した後がとても重要なのです!!

●もっと相手を楽しませるためにはどうすればいいのか?
●自分なりの手順にして考える
●演じている道具を変えて同じ手品を行うことができるか?

など・・

なかなか奥が深いのです♫(^^)

(エンターテインメントとして考えていくと課題が多いということですね)


そして演技の際に欠かせないのが"セリフ"です♫

セリフ(言葉)はコミュニケーションの手段であり、相手に伝えるためには絶対必要です!


単純に"手品"の現象だけを行う場合は技術を極めるだけで構いませんが、相手に見せるとなると"現象"を伝えないといけないため無言で行ってもなかなか伝わりません。


+α要素

※舞台で行う手品は基本はサイレントで行うパターンが多いですが・・・

●起きている手品の"現象"が理解しやすい(一般の方から専門の方まで)

●現象終了後にアピールをとるため、拍手のタイミングがわかりやすい

以上のことから舞台の手品は拍手をもらいやすいです(^^♪
(上の内容は個人的な考えのため、ほかのポイントがある場合はぜひ聞きたいです♫)





特にテーブルで見せたりする手品(クロースアップマジック)では相手とのコミュニケーションは大切です。


その時にセリフと演技が同時に行われていないと相手としては

「この人はどんな手品をやっているんだろう??」

っと疑問を抱かせてしまうこともあります。

※そうなるとせっかくの演技が台無しになってしまいますので(≧◇≦)
(教えていて感じたのは小さい子に結構多いです)

●なかなか大変だと思いますが、今のうちにコツを知り、経験を積むことで手品以上の"スキル"を得ることができると思いますよ♫(^^)

(この"スキル"の中は人によって様々なため書きません。自分の中で大切だと思ったことがあなたにとっての"スキル"です(^^)/ )



そして、手品に限らずあらゆる分野に精通していることだと思います


●手品を相手に見せる
かみ合っていないと何を行いたいのかわからない

●プレゼンを発表する
プレゼンの資料内容とセリフがかみ合っていないと理解できない

●音楽を演奏する
テンポ(セリフの要素)とあっていないと聞きたくなくなる

etc・・・・


書き出してみるといろいろな状況が出てきます(^^)


もし見つけましたら・・・

①しくみを理解する(手品では現象までの手順、音楽ならテンポや譜面通りにひける)


②実際に表現する(ここではインプットした仕組みを実際にアウトプットする作業)
※ここがセリフのパートです(^^)

③自分なりにダメだと感じた点を改善する


②へ戻り、繰り返す



この作業を繰り返していくことでブラッシュアップされますので♫


ということで本日はここで失礼いたします!



ではでは♫

 

(2016年5月26日(木) 11:08)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

観客を引きつけるクローズアップマジックが得意!様々な大会にも出場経験有

ウケる手品講座
秋谷慧 (手品)

東京・新橋・品川・五反田・目黒・渋谷・原宿・代々木・新宿・新大久保・高田馬場・目白・...

ブログ記事 ページ先頭へ