全国5万人が受講している「サイタ」

手品(マジック)教室

手品(マジック)教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事手品教室東京 ウケる手品講座 スクールブログ magic d...

magic diary ~ とあるギャンブラーと手品師の小噺 ~

おはようございます。


手品講師の秋谷です。






今回は手品の小噺を書かせていただきます。






__________________________________________________________________

あるところにギャンブラーのAと手品師のBがいました。


2人の出会いは酒場でした。


偶然出会った2人は意気投合して、何をするにも2人一緒で旅をしたり遊んだりしました


そんな2人が出会ってから2か月たったある日・・


2人は次の旅に向けて列車に乗っていました。


次の場所へ向かうのに4時間もかかるためAはトランプを取り出して「キングが4枚あつ


まる手品をぜひ見せてほしい」と提案してきましたが、Bは少し眠そうな顔をしていまし


た。理由は手品の公演があったためです。Bはおぼろげながら「OK」と提案しました。


Bは「一回だけならOKだ。 その代わりシャッフルは先にAがやってほしい。もし


シャッフルが終わったら、僕にトランプを渡してくれ。」っといって、窓のほうに顔を


寄せて仮眠をとっていました。


Aはトランプを切りBに渡そうとしたときに、ある考えが浮かびました。


(・・そうだ、トランプの中からキングのカードを1枚とってしまおう。)


Aはいたずら心からキングのカードを1枚取り、自分のポケットの中に入れた後に、Bに


トランプを渡そうとそっとBの肩を軽く叩き、起こしました。


BはAからもらったトランプを左手においてカードを切ろうとしたときに、Aに言いまし
た。


「・・・1枚足りない。」



~ギャンブラーと手品師の小噺~ 終わり

__________________________________________________________________





いかがだったでしょうか?





実際には無理そうな内容だと思いますが・・


熟練した人であれば指先の感覚で何枚減ったかわかってしまいます♪
※しかし相当練習を行わないとできない技です(*_*;




以上、ちょっとした小噺でした(^^





ではでは♪

 

(2015年7月25日(土) 7:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

観客を引きつけるクローズアップマジックが得意!様々な大会にも出場経験有

ウケる手品講座
秋谷慧 (手品)

東京・新橋・品川・五反田・目黒・渋谷・原宿・代々木・新宿・新大久保・高田馬場・目白・...

ブログ記事 ページ先頭へ