全国5万人が受講している「サイタ」

手品(マジック)教室

手品(マジック)教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事手品教室東京 ウケる手品講座 スクールブログ magic d...

magic diary ~理想と現実のギャップの差を考えてみましょう~

こんにちは。



手品講師の秋谷です。




今回は手品をしっかりと相手の前で演じれるようになるためのポイントを書かせていただきたいと思います。






■ 人は誰でも「何か」を覚えて誰かに「見せたい/伝えたい/教えたい・・・」



と考えています。



※手品を上のキーワードで埋めた場合・・・

・「手品」を覚えて誰かに「見せたい」

※英語の場合・・・

・「英語」を覚えて誰かに「伝えたい」



しかし何かを得るためには、スキルを身に着けないといけません。

※宣言しただけでなれたら、それこそマジックですね(^^♪





手品を覚えたい方も、リクエストで・・・

・テレビでやっていた手品を覚えたい

・少しテクニックを使った手品を見せたい

などのリクエストをいただきますが・・・





やはり、技術が伴う手品は・・

・「驚き」も大きい反面、見せ方の研究や失敗した際の「リスク」もとても大きいです

⇒手品は相手に「不思議」を与えています


※この不思議が相手にわかってしまうと、それだけでオシマイです。





そのため・・・
リクエストしていただいた手品(主に技術を使うような手品など)に関しては必ず、反復練習をしかりと行い、見せ方も鏡でチェックしてから臨んでもらうようにしています。




★自分の講座でも比較的技術を使わないような手品を紹介しているのも上の内容が理由でもあります。








■ この時に理想と現実のギャップの差を考えて行くのが大切です




理想 ⇒ テレビの凄い手品をやってみたい




ギャップ------------------------- (話し方、手先の技術、経験・・)




現実 ⇒ 比較的簡単な手品を行う







★ギャップの差を埋めるために自分がやるべきことは何なのかをしっかりと確認することが大切です(^^♪





・・・自分も一時期技術をメインで考えていた時がありましたが、技術より演出が大切です

※技術は経験を通していけば自然と難しい内容もできるようになっていますので大丈夫です!






ここをしっかりと考えて、行っている人は自分のスキルが大幅に上がりますので皆さんも是非やってみましょう♪




※手品で話してきましたが、すべての物事に共通していると自分は思います。








少し長くなりましたが、ここで失礼いたします。







ではでは♪




PS

今日は晴れてよかった~(^^♪

 

(2015年6月23日(火) 14:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

観客を引きつけるクローズアップマジックが得意!様々な大会にも出場経験有

ウケる手品講座
秋谷慧 (手品)

東京・新橋・品川・五反田・目黒・渋谷・原宿・代々木・新宿・新大久保・高田馬場・目白・...

ブログ記事 ページ先頭へ