全国5万人が受講している「サイタ」

手品(マジック)教室

手品(マジック)教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事手品教室東京 ウケる手品講座 スクールブログ magic d...

magic diary ~ 手品を見せるときの距離を考えてみましょう ~


手品は見せる距離によって種類が変わっていきます。



※前回の記事にでも書いていますので、興味のある方はこちらから♪(^^



magic diary ~豆知識編 観客に見せる距離間で手品の種類が分かれる?!~ | サイタ手品教室ブログ




自分の講座では、目の前で見せるクローズアップマジックをメインに教えています。



・・・カードやコインなどを目の前で見せるのですが。





★ 手品を見せる際には適度な距離を保つことが大切です♪





想像してみてみましょう。


カードを使った手品を見せるのですが。

⇒ 演じている人の隣に座っている方がいるところでやると・・・


※手品がなかなかやりずらいと思います。(-_-;)


⇒主に飲み屋で手品を見せるときのケースがこれに当たります





飲み屋などで見せる際は・・
テーブルを境目にして、観客側と演者側のように区切るのがベストです♪





※図にするとこんな感じです

○=観客 ●=演者 ==== =テーブル




○●○
======
○ ○


⇒これは× です

・左右に相手がいると手品がやりにくい






=====
○○○○○

⇒ このようなパターンでしたら○ です

・相手が演者をしっかりと見てくれる

・テーブルが真ん中にあるために向こう側にいけない



※心理学的にも人が しっかりと聞いてくれる/見てくれる

席のパターンとして使われています。

★学校の授業や公演会などもこのスタイルですね♪





このように手品を覚えた方は今度は手品を見せるときの距離感について考えてみると

いいかもしれません。





もちろんまだ手品がわからない方も。

・・・この内容は把握しておくとオススメです(^^






それでは今日はこのへんで失礼します。





ではでは♪

 

(2015年6月11日(木) 15:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

観客を引きつけるクローズアップマジックが得意!様々な大会にも出場経験有

ウケる手品講座
秋谷慧 (手品)

東京・新橋・品川・五反田・目黒・渋谷・原宿・代々木・新宿・新大久保・高田馬場・目白・...

ブログ記事 ページ先頭へ