全国5万人が受講している「サイタ」

手品(マジック)教室

手品(マジック)教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

趣味の習い事手品教室神奈川 初めてのツルちゃんのマジックスクール スクールブログ 手品を見せる時...

手品を見せる時に戸惑う事の対処法 ②

手品を演じている最中に「その手品知っている」と言われる事が有ります。

この言葉を上手く処理をしないと、知っていると発言した方は

どんどんその演技の先を話だし、最後にはタネ明かしまでしてしまいます。

その時、例え間違っているタネ明かしだとしても、

聞いている人は「なぁ~んだ!」と分かった気分になりいっきに場がしらけます。


または、「その手品を知っている」と発言が出たとたんに

知らない事が恥ずかしいと周りの方も思い始めてしまい

タネを見破ろうと思い始め不思議な現象を楽しんでくれなくなります。


さらに、発言した方に「タネは言わないで下さい」と言ったところで

さらに面白がってしまい、タネ明かしをされてしまいます。

この場合は、最悪その場の主導権までを取られてしまい

リカバリが出来なくなってしまう事も有ります。


さて、問題です。

「その手品知っている」に対して一言で以後その手の発言を止める事が出来ます。

その一言とは何でしょうか?


 

(2015年3月26日(木) 23:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

マジック歴33年。マジックメーカーのディーラーとしての経験もあり!

初めてのツルちゃんのマジックスクール
鶴岡一郎 (手品)

横浜・戸塚・藤沢・溝の口・中山・長津田・町田・東戸塚・海老名・相模大野・中央林間・大...

ブログ記事 ページ先頭へ