サイタ趣味の習い事手品教室千葉 不思議な手品教室 スクールブログ 三原則

三原則

マジックを演じる際の格言として、「サーストンの三原則」というのが有名ですね。それは

 1.演じる前に現象を説明してはいけない。
 2.同じ演目を繰り返し演じてはいけない。
 3.種明かしをしてはいけない。

というもので、アメリカのマジシャンであるハワード・サーストンの言葉とされています。この三原則のの趣旨はつまるところ「観客の驚きを奪ってはいけない」ということなのでしょうね。

マジックを見に来る観客は「驚き」を体験したくて来ているはずです(まあ、中には「タネを見破ってやろう」という邪な気持ちを抱いて来ている人も、いるかもしれませんが)。確かに演じる前に現象を知ってしまったり、同じマジックを2度繰返し見たり、タネを知ってしまったりしたら「驚き」は半減するでしょうね。この言葉には観客をもてなすマジシャンの心構えが凝縮されているように思います。マジックの演者として肝に銘じておきたい言葉です。

マジック以外でも「三原則」というのはあちこちでみられますよね。例えば、有名なのは「ロボット工学三原則」。これはアメリカの著名なSF作家のアイザック・アシモフが提唱した概念で、大まかにいうと

1.ロボットは人間に危害を加えてはならない。
2.ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。
3.ロボットは、前掲1.および2.に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。

というものです。アシモフの作品には、この三原則に反するようなロボットの行為とその謎ときをテーマとしたものが少なくありません。

他にもまだまだ三原則はあります。インターネットで「三原則」を検索すると、たくさんでてきます! 非核三原則、武器輸出三原則、食中毒予防の三原則、フィッシャーの三原則、...

この「三」という数字は、いろいろなところによく顔を出す数字です。 大きすぎず、小さすぎず、よほどすわりがいいのでしょうね。プレゼンレーションなどでも「課題は三つあります」などといって始める場合がよくありますよね。「三」はまさに「マジック」ナンバーです!



 

(2015年1月14日(水) 14:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

Mr.マリックの教室に通った経験も!カードマジックを得意とするベテラン

新着記事

独立行政法人情報通信研究機構が最近行った実験で実に興味深い結果がでています。 その実験といのは、ダーツのエキスパート(上手な人)が素人(下手な人)のダーツ動作を繰返し見て、命中するかどうかを予測できるようになってくると、エキスパート自身のパフォーマンスが低下する(エキスパート自身の命中率...

私のスクールでは、レッスンの内容を記載したレジメを必ずお渡ししています。受講者の皆さんが後日レッスン内容を振り返る際の一助になればと思って、レジメとはいいつつ、ある程度詳しく書いているつもりです。 ところで、私のレジメをご覧になった皆さんは、多少驚かれているかもしれませんね。それはレジメ...

マジックを演じる際の格言として、「サーストンの三原則」というのが有名ですね。それは  1.演じる前に現象を説明してはいけない。  2.同じ演目を繰り返し演じてはいけない。  3.種明かしをしてはいけない。 というもので、アメリカのマジシャンであるハワード・サーストンの言葉とされ...

Kilaさんというマジシャンをご存知ですか。私の好きなマジシャンの一人です。 KIlaさんの魅力を三つのキーワードで表せば、さわやかな笑顔、スマートな話術、そしてなによりその卓越したテクニックでしょう。 KILAさんの十八番は(いろいろあるでしょうが)、私としては「バーテンダーいさ...

マジックの現象には「出現」「消失」「変化」「移動」「貫通」などいろいろありますよね。今回はその中の「移動」のお話。 カードマジックにも移動をテーマにした作品は少なくありません。例えばラリージェニングスの「幻の訪問者」が有名ですね。テーブルにQを4枚出しておきます。観客にカードを1枚選んで...

ブログ記事 ページ先頭へ