サイタ趣味の習い事手品教室千葉 不思議な手品教室 スクールブログ バーテンダーい...

バーテンダーいさむ

Kilaさんというマジシャンをご存知ですか。私の好きなマジシャンの一人です。

KIlaさんの魅力を三つのキーワードで表せば、さわやかな笑顔、スマートな話術、そしてなによりその卓越したテクニックでしょう。

KILAさんの十八番は(いろいろあるでしょうが)、私としては「バーテンダーいさむ」というカードマジックを挙げたいですね。

ご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、このマジックはバーテンダーの「いさむ」が客を相手にいろいろな話をするという形で進んでいきます。そしてカード次々にめくりながら、数字のごろ合わせで単語を繰り出して、ストーリを組み立てていくのです。例えば「いさむ」は「136」、「ご苦労さん」は「5963」といった具合に。

このマジックの何が凄いって、鮮やかなカードさばきもさることながら、52枚のカードを1枚の無駄もなく全て使い切ってしまうこと、さらにこのマジックを始める前に演じた別のマジックで観客に1枚のカードにサインをしてもらっているのですが、52枚の最後にその観客のサインしたカードが出てくる、ということです。

初めて見たのは2年ほど前のテレビでしたが、あ然としたのを覚えています。昨年のテンヨーマジックフェスティバルでもKilaさんが出演し、この「バーテンダーいさむ」を演じられました。生の演技を見ることができて、いや、感激しました!

というわけで、私もKilaさんをまねて52枚を全て使ったマジックをできないかと考え、無謀にも何とか作り上げ(でっち上げ)てしまいました。主人公の「私」はあるマジックバーの専属マジシャンという設定で、次々にやってくる客と会話を楽しみ、時にマジックを見せたりする、という形のストーリーマジックです。「バーテンダーいさむ」のマネではないかと言われそうですが、はい、その通りです。でもそれなりのストーリーにはなっているかな、と思っています。しかし残念ながらKilaさんのような鮮やかなカードさばきはできませんし、最後のオチも「バーテンダーいさむ」のような強烈さはありません。

まあスクールでいつかご披露する機会もあるかもしれません。

ではまた次回。



 

(2015年1月6日(火) 19:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

Mr.マリックの教室に通った経験も!カードマジックを得意とするベテラン

新着記事

独立行政法人情報通信研究機構が最近行った実験で実に興味深い結果がでています。 その実験といのは、ダーツのエキスパート(上手な人)が素人(下手な人)のダーツ動作を繰返し見て、命中するかどうかを予測できるようになってくると、エキスパート自身のパフォーマンスが低下する(エキスパート自身の命中率...

私のスクールでは、レッスンの内容を記載したレジメを必ずお渡ししています。受講者の皆さんが後日レッスン内容を振り返る際の一助になればと思って、レジメとはいいつつ、ある程度詳しく書いているつもりです。 ところで、私のレジメをご覧になった皆さんは、多少驚かれているかもしれませんね。それはレジメ...

マジックを演じる際の格言として、「サーストンの三原則」というのが有名ですね。それは  1.演じる前に現象を説明してはいけない。  2.同じ演目を繰り返し演じてはいけない。  3.種明かしをしてはいけない。 というもので、アメリカのマジシャンであるハワード・サーストンの言葉とされ...

Kilaさんというマジシャンをご存知ですか。私の好きなマジシャンの一人です。 KIlaさんの魅力を三つのキーワードで表せば、さわやかな笑顔、スマートな話術、そしてなによりその卓越したテクニックでしょう。 KILAさんの十八番は(いろいろあるでしょうが)、私としては「バーテンダーいさ...

マジックの現象には「出現」「消失」「変化」「移動」「貫通」などいろいろありますよね。今回はその中の「移動」のお話。 カードマジックにも移動をテーマにした作品は少なくありません。例えばラリージェニングスの「幻の訪問者」が有名ですね。テーブルにQを4枚出しておきます。観客にカードを1枚選んで...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、手品レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ