サイタ趣味の習い事手品教室東京 一覚のMAGICスクール スクールブログ マジックのこと

マジックのこと

こんにちは。

浦です。

一言にマジックといっても、いくつかに分類されます。

大掛かりな道具を使う事が多い「ステージマジック」
イリュージョンと言えば分かりやすいでしょうか。

古くはヨーロッパやアメリカのショーパブの舞台のイメージです。
「サロンマジック」

そして、日本ではやっと市民権を得てきました。
「クローブアップマジック」
「テーブルマジック」

それぞれ、観客の人数と舞台の大きさにあわせた分類です。

ステージとサロンは、ビミョーに被ります。

例えばハト。

マジック=ハンカチからハトが出る!

そのようなイメージを持つ方も多いと思います。

そのハト出しマジックは.こじんまりとした舞台から、数千名収容できるステージまで演じられます。

とまあ、細かいところはともかく、皆さんは、どの範囲のマジックをご希望ですか?

サロン?クローズアップ?
はたまたイリュージョン⁈

さすがに私もイリュージョンは、道具とお手伝い頂くスタッフが大掛かりなので、遠慮させていただきますが…

大きめなサロン〜クローズアップはお任せ下さい!

リング、ハンカチ、フラワー、ロープ、ステッキ、四つ玉、コインにカード

納得いくまで、じっくりとお教えします。

さあ、あなたはどれがお好みですか???



マジックのこと

(2014年6月8日(日) 14:29)

前の記事

新着記事

こんにちは。 浦です。 一言にマジックといっても、いくつかに分類されます。 大掛かりな道具を使う事が多い「ステージマジック」 イリュージョンと言えば分かりやすいでしょうか。 古くはヨーロッパやアメリカのショーパブの舞台のイメージです。 「サロンマジック」 そし...

マジックは「手先が器用でないと」というお声を良く伺います。 残念ながら、答えは「関係ありません」と なります。 マジックを行うとき、手と指は、日常生活ではない動きをします。 従って、誰もが全く始めての経験をする訳です。 難しそうな器用な技術を使ったマジック(スライハン...

気がつけば、しがないサラリーマンの私ですが、マジックをやっていて良かった事。 顔を覚えてもらいやすい! TPOは考えますが… 名刺交換の時。 「名刺を切らしていまして」と おもむろに真っ白な名刺を出しまして 代わりに連絡先を書くと思いきや あら、不思議。 ...

マジック大好き。 浦です。 この度マジックで、皆さんとエンターテイメントの世界を探検することになりました。 どうかよろしくお願い致します。 さて、 現在4?歳の私とマジックとの出会いは小学生の頃。 引っ込み思案で人見知りの激しかった子供が、たまたま訪れたデパ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、手品レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ