サイタ趣味の習い事手品教室東京 一覚のMAGICスクール スクールブログ 不器用⁈

不器用⁈

マジックは「手先が器用でないと」というお声を良く伺います。

残念ながら、答えは「関係ありません」と
なります。

マジックを行うとき、手と指は、日常生活ではない動きをします。

従って、誰もが全く始めての経験をする訳です。

難しそうな器用な技術を使ったマジック(スライハンドマジック)は、時間をかけて解決する(練習する)ものなのです。

だから「慣れ」なのです。

ただし、出来るまでやってみる
というのが条件ですが…

また、マジックは、手先を使うものばかりではありません。

自然の現象の中でありえる偶然や錯覚を使ったもの。

数理的なもの。

はたまた、言葉遊びのような錯覚や、心理を使ったものまであります。

紀元前、インドや三千年の歴史、中国から行われているマジックです。

その種類たるや、とても数えることなど出来ないほどあるのです。

なので、皆さんは一切ご心配なく、興味の向くままに、マジックを挑戦されてみてはいかがでしょうか!

マジックを覚えた喜び。また、見せた方々が喜んで下さっている歓喜は、なかなか他には味わえない出来事ですよ。

この思いを、独り占めはいけない!!

そう感じる私、浦なのであります。

不器用⁈

(2014年6月6日(金) 12:59)

前の記事

次の記事

新着記事

こんにちは。 浦です。 一言にマジックといっても、いくつかに分類されます。 大掛かりな道具を使う事が多い「ステージマジック」 イリュージョンと言えば分かりやすいでしょうか。 古くはヨーロッパやアメリカのショーパブの舞台のイメージです。 「サロンマジック」 そし...

マジックは「手先が器用でないと」というお声を良く伺います。 残念ながら、答えは「関係ありません」と なります。 マジックを行うとき、手と指は、日常生活ではない動きをします。 従って、誰もが全く始めての経験をする訳です。 難しそうな器用な技術を使ったマジック(スライハン...

気がつけば、しがないサラリーマンの私ですが、マジックをやっていて良かった事。 顔を覚えてもらいやすい! TPOは考えますが… 名刺交換の時。 「名刺を切らしていまして」と おもむろに真っ白な名刺を出しまして 代わりに連絡先を書くと思いきや あら、不思議。 ...

マジック大好き。 浦です。 この度マジックで、皆さんとエンターテイメントの世界を探検することになりました。 どうかよろしくお願い致します。 さて、 現在4?歳の私とマジックとの出会いは小学生の頃。 引っ込み思案で人見知りの激しかった子供が、たまたま訪れたデパ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、手品レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ