全国5万人が受講している「サイタ」

Mac使い方教室・初心者講座

Mac使い方教室・初心者講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格Mac使い方教室東京 元マックの楽しいMac教室 スクールブログ Appleの対...

Appleの対応が早かった。直ぐにパソコンを開いて下さい。

11月29日にMac OS High Sierraに致命的なバグが発見されました。

ユーザーをログアウトして、その他のユーザー名に「root(ルート)」と入力すれば、パスワードを入れなくても端末にログインできる。

  この不具合により誰でもMacのファイルシステムにアクセスできるため、特定のコンピューターから個人用文書が流出する恐れがある。ユーザーの1人は、ルートログインをリモートで利用してコンピューターにアクセスできたと報告した。

  アップルの広報担当ビル・エバンス氏は、同社が「この問題に対処するためにソフトウエアのアップデートに取り組んでいる。それまでの間はルートパスワードを設定すれば、Macへの不正アクセスを防ぐことができる」と説明した。
引用:Bloomberg News

これが、11月30日にバク修正対応バッチが配信されました。
macOS High Sierra 10.13.1をお使いの方は、トップ画面のような通知が出て来きたら「アップデート」ボタンをクリックしておきましょう。
この時点でまだの方は「Mac AppStore」からアップデートを確認して「セキュリティアップデート(Security Update 2017-001)」をインストールしてもOKです。

アップデートはすぐに終わります。初心者でも簡単です。
適用後は「Mac AppStore」で「セキュリティアップデート 2017-001」が適用済みになっていることを確認しておわり。なるべく早めに対応しましょう。

自分がなんのOSを使っているかは、Macの画面の左上のリンゴマークをクリック
→バージョンの横が10.13.○○になっている方が対象です。

Appleの対応が早かった。直ぐにパソコンを開いて下さい。Appleの対応が早かった。直ぐにパソコンを開いて下さい。

(2017年11月30日(木) 19:01)

前の記事

この記事を書いたコーチ

楽しくて得するレッスンをお約束!シニア・初心者にも人気のパソコン先生

元マックの楽しいMac教室
渡辺基弘 (Mac)

東京・新橋・品川・川崎・横浜・戸塚・大崎・五反田・目黒・恵比寿・渋谷・原宿・新宿・池...

ブログ記事 ページ先頭へ