サイタパソコン教室・IT資格パソコン(Mac)使い方教室兵庫 Macわくわくマスター講座 スクールブログ Windows...

Windowsユーザに捧げるMacの基本(5)ファイル操作 その1

 前回冒頭でも、Macでファイルの操作等を行うFinderが、Windowsのエクスプローラに相当することをご紹介しましたが、今回は、そのFinderの機能と操作についてご説明したいと思います。

 Finderはドックの左端の笑顔アイコンで、Macにログインすると必ず起動されています。Windowsでエクスプローラが常に起動しているのと同じですね。Finderのアイコンをクリックするとウィンドウが開きます。ここでコンピュータ内のフォルダやファイルを閲覧できるのはエクスプロータと同様ですが、画面の構成が異なります。まずウィンドウの左側の領域(Macではサイドバーと呼びます)に注目してください。WIndowsのエクスプローラではここにデスクトップやマイコンピュータなどアクセスが可能なデバイスが表示されています(Windowsのバージョンによって表示内容・表示名称が異なります)。Macも似ていますが、よくアクセスするフォルダがお気に入り(クイックアクセス)のように表示されていると思ってください。何を表示するかはFinderの環境設定で変更可能です。また、常に表示しておきたいフォルダをサイドバーにDrag&Dropすることで登録することもできます。逆に不要な項目は optionキーを押しながらサイドバーの外へDrag&Dropすると表示されなくなります。

 Finderウィンドウの右側には現在選択されているフォルダ内容が表示されます。表示方法は、アイコン・リスト・カラム・カバーフローの4種類です。アイコンとリストはWindowsと同様ですが、「表示オプション」でアイコンの大きさや表示フォントの大きさの変更ができます。 カラム表示はMac独特の表示方法で、フォルダの階層を辿っていくにつれてどんどん右へ展開されていきます。辿っていくフォルダの内容がずっと表示されたままなのが特徴です。カバーフローは写真やドキュメントのプレビューを確認しながらパラパラめくってファイルを探すという使い方になります。( iTunesでもこの表示形式が採用されています。)

 ここで、Mac独自の便利な機能をいくつか紹介します。
・クイックビュー:Finder上でファイルを選択している状態でスペースキーを押すと、ファイルの内容(プレビュー)を表示できます。画像、ムービー、PDFのほか、MS Excel, MS PowerPointのファイルでさえ即時に内容確認ができます。いちいちアプリケーションの起動を待つ必要がなく素早く内容を確認しながらファイルを探すことができる秀逸機能です。クイックビューはアプリケーションの「開く」「保存する」で表示されるダイアログ上でも有効なので、既存ファイルの確認をした上で開く・保存ができます。

・タグ:ファイルに分類用のタグ付け(色付け)をすることができます。デフォルトで「レッド」〜「グレー」の7色のタグが用意されていて、タグでの検索をしたり、フォルダ内での並べ替えに利用できます。Windowsだとファイル名になんらかのルールを付けてないと分類・ソートができないので、ファイル名に影響せずに分類情報をつけることができるのは便利だと思います。

・エイリアス:Widnowsのショートカットとよく似ていますが、元ファイルを移動してもリンクが切れません。

 最後にWIndowsと似て非なる操作を。ファイルの移動をする際にDrag&Dropの他に、Windowsでカット&ペーストを使う方がいらっしゃると思いますが、MacのFinderにおいては、「ファイルのカット&ペースト」という表現がありません。する場合、一旦移動元ファイルをコピー(command+C) した後、移動先で、option+command+V を押します。これでコピーではなく移動ということになります。 (いろんなケースで、option キーにより変則操作になると理解してもらえるといいかなと思います。)

相違点の理解に加えて、Macをより便利に活用していただけたら幸いです!

Windowsユーザに捧げるMacの基本(5)ファイル操作 その1

(2017年5月13日(土) 10:59)

前の記事

次の記事

新着記事

 今回はファイル操作の2回目ですが、最初に、前回紹介したFinderウィンドウの表示について少し補足しておきたいと思います。  Windowsのエクスプローラでは、左側でフォルダをどんどん深くタグって階層表示されて行きますが、MacのFinderではフォルダをたぐっていく操作自体もウィン...

 前回冒頭でも、Macでファイルの操作等を行うFinderが、Windowsのエクスプローラに相当することをご紹介しましたが、今回は、そのFinderの機能と操作についてご説明したいと思います。  Finderはドックの左端の笑顔アイコンで、Macにログインすると必ず起動されています。W...

 Windowsでファイルを閲覧したり探したり開いたりする時に使うのはエクスプローラ(Explorer)ですね。MacではFinderが同様の機能を果たします。ドックの左端にある笑顔のアイコンがFinderです。FinderアイコンをクリックするとFinderウィンドウが開いて、フォルダやファ...

 パソコンを使い始めて、いろいろ基本的な設定を行うのに、「コントロールパネル」の機能を使うことがありますが、ここに関する対比をしたいと思います。  まず、Windowsのコントロールパネルにあたるものは、Macでは「システム環境設定」と言い、メニューバー左上のアップルメニューの上から2つ...

 Windowsとは異なる画面構成の中に「メニューバー」があります。Macでは画面の上辺に常にメニューが表示されています。Windowsでは、"各ウインドウごと"の上辺に「ファイル」「編集」・・・から続くメニューがありますが、これがMacでは画面の上辺に固定されています。ではこのメニューの項目...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、パソコン(Mac)使い方レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ