全国5万人が受講している「サイタ」

Mac使い方教室・初心者講座

Mac使い方教室・初心者講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格Mac使い方教室兵庫 Macわくわくマスター講座 スクールブログ Macアプリ紹...

Macアプリ紹介シリーズ (4) 辞書

 Mac標準ながらもあまり目立たない存在ですが、とても重宝するのが「辞書」です。OSに統合されているので、WebやPDFの文章を読みながらさっと調べられる手軽さは、他のどんな手段よりも優秀です。もしトラックパッドをお使いの場合は是非、システム環境設定で「調べる&データ検出」(3本指でタップ)を有効にしてみることをお勧めします。Safariやプレビュー上の調べたい単語の上で3本指でタップするだけで意味が表示されます。辞書を調べたい時って文章を読んでる最中なので別のアプリを立ち上げたり、ブラウザで別のウインドウやタブを開くと言うのは作業の妨げになるんですよね。なのでこの機能は本当に重宝します。

 この方法以外では、私はよくスポットライト検索で英単語の辞書引きをします。スポットライト検索で調べたい単語を入力すると、検索候補の中に辞書も出てくるのでこれで英単語の意味を確認します。ちなみにスポットライト検索は、メニューバー右上の虫眼鏡をクリックするか、[control]+スペースキーで表示されますが、辞書引き結果は結構下の方に表示されます。

 ただ、上記の操作をしている中では「辞書」アプリが直接立ち上がっていないので「辞書」と言うアプリの存在は感じないかもしれません。上記の方法では辞書の説明の途中までしか表示されていなかったりしますので、ここで「さらに見る」をクリックした時に初めて辞書アプリが立ち上がってすべての内容を参照することができます。またタブで辞書の種類(国語辞典・英和和英辞典のほか、Wikipediaも)を切替えたり、さらに別の単語を調べたりすることもできます。辞書の説明としても市販の辞書と同様に例文などかなり詳しく掲載されていますが、それもそのはず、国語辞典として「スーパー大辞林」、英和和英辞典として「ウィズダム」が標準搭載されているんです。さらに辞書アプリの「環境設定」を見ればこれ以外の海外のいろんな辞書も用意されているのがわかると思います。

もしお使いでなければ是非、意識的に使ってみてくださいね。

Macアプリ紹介シリーズ (4) 辞書

(2016年9月17日(土) 14:39)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

Windowsとの違いを丁寧に解説!動画や写真アプリの活用法もおまかせ

Macわくわくマスター講座
西川芳昭 (Mac)

梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・立花・甲子園口・西宮(JR)・芦屋・甲南山手・さくら...

ブログ記事 ページ先頭へ