サイタパソコン教室・IT資格パソコン(Mac)使い方教室兵庫 Macわくわくマスター講座 スクールブログ Macアプリ紹...

Macアプリ紹介シリーズ (2) テキストエディットとメモ

 アプリ紹介の2回目は「テキストエディット」と「メモ」の2つを比較しながら紹介したいと思います。

 まず、テキストエディットですが、これは名前からもわかるようにテキストファイルのエディターで、MacOSX登場当初からある老舗のMac標準アプリケーションです。Windowsの標準テキストエディター「メモ帳」と同じような位置付けになりますが、テキストエディターの方はリッチテキストにも対応している点が大きく異なります。リッチテキストはフォントの種類や大きさを自由に扱えるということで、簡単なワープロの代わりにもなります。あと表組みを入れたり画像ファイルも貼り付けることもできますが、レイアウトはさほど自由度が高くないのでやはりメモレベルという認識で使う方がいいと思います。

 もちろんリッチテキストではない「標準テキスト」モードもあるので、好みで、または必要に応じて使い分ければいいです。私の場合は、打ち合わせ中のメモを取るのによく使っています。これくらいのシンプルさがちょうどいいですね。 ただ、WIndowsなどプラットフォームをまたがったファイルを扱ったり、システム開発や業務データ(CSVファイル)などの編集には、一般のエディタソフトの方をお勧めします。そちらの方が、文字コードや改行コードなど、環境をまたがった作業に柔軟に対応してくれるからです。私の場合は、mi や CotEditor などを気に入って使っています。

 もう一方の「メモ」ですが、これはiOS (iPhone, iPad)からやってきたアプリで、Macとしては比較的新しいアプリです。こちらの方は特にMacとiOSの間で同期を取って使うところで威力を発揮します。たとえば、Macでメモを書きかけていたけど出かける時間になったのでそのままMacは閉じて外出、電車の中でiPhoneを開くとさっきの書きかけのメモがそのまま出てくるので続きを書く。。といったシナリオが実現できます。(HandOffと言われる機能です)

 このHandOffの機能は使わなくても、いわゆる「メモ」で使うのに適したアプリです。こちらもリッチテキストに対応しているのでいろんなフォントでデザインに凝ることもできますし写真などの貼り付けもできます。あとモバイルからきたということから手書きイメージの挿入にも対応している点は「テキストエディット」とは異なります。ただ、HandOffを使うことを意識する場合は、iOSとは使用できるフォントが異なるのであまり使用しない方が無難かと思います。

 テキストエディットは、パソコンソフトでは当たり前ですがファイルごとにウィンドウを開いて使うイメージですが、「メモ」の方はモバイルからきているので、フォルダ>タイトル>本文 が1つのウィンドウに収まって整理されています。私個人の感覚では「メモ」はより生活に近いカジュアルなメモ書きに適していて、テキストエディットはビジネス向きなのかなと思っています。

 

(2016年8月25日(木) 22:26)

前の記事

次の記事

新着記事

 今回はファイル操作の2回目ですが、最初に、前回紹介したFinderウィンドウの表示について少し補足しておきたいと思います。  Windowsのエクスプローラでは、左側でフォルダをどんどん深くタグって階層表示されて行きますが、MacのFinderではフォルダをたぐっていく操作自体もウィン...

 前回冒頭でも、Macでファイルの操作等を行うFinderが、Windowsのエクスプローラに相当することをご紹介しましたが、今回は、そのFinderの機能と操作についてご説明したいと思います。  Finderはドックの左端の笑顔アイコンで、Macにログインすると必ず起動されています。W...

 Windowsでファイルを閲覧したり探したり開いたりする時に使うのはエクスプローラ(Explorer)ですね。MacではFinderが同様の機能を果たします。ドックの左端にある笑顔のアイコンがFinderです。FinderアイコンをクリックするとFinderウィンドウが開いて、フォルダやファ...

 パソコンを使い始めて、いろいろ基本的な設定を行うのに、「コントロールパネル」の機能を使うことがありますが、ここに関する対比をしたいと思います。  まず、Windowsのコントロールパネルにあたるものは、Macでは「システム環境設定」と言い、メニューバー左上のアップルメニューの上から2つ...

 Windowsとは異なる画面構成の中に「メニューバー」があります。Macでは画面の上辺に常にメニューが表示されています。Windowsでは、"各ウインドウごと"の上辺に「ファイル」「編集」・・・から続くメニューがありますが、これがMacでは画面の上辺に固定されています。ではこのメニューの項目...

ブログ記事 ページ先頭へ