全国5万人が受講している「サイタ」

Mac使い方教室・初心者講座

Mac使い方教室・初心者講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格Mac使い方教室兵庫 Macわくわくマスター講座 スクールブログ Macアプリ紹...

Macアプリ紹介シリーズ (1) プレビュー

 新しいシリーズとして、今回からしばらくMacのアプリの紹介をしたいと思います。
 最初に紹介するのは「プレビュー」です。これはMacOSX登場とともに標準アプリとして搭載されていて、Macに欠かすことのできない大切なアプリです。アプリの名前が「プレビュー」というのは印刷前のイメージ確認(プレビュー)で使用されていたことに由来すると思いますが、今となっては、この名前ではあまりに控えめではないかと感じるくらい多くの機能を秘めています。

 基本的な機能は、写真などのいろんな画像ファイル(〜.jpg など)や、PDFファイル(〜.pdf) を表示する機能です。トラックパッドを使っている場合、スマホ画面の操作のように、2本指操作で画像のズームアップや回転などもできます。PDFについては、Adobe Readerのように左側に目次やサムネールを表示させたり文字検索などもできますが、Adobe Readerよりずっと軽く立ち上がるので、より手軽、気軽にPDFファイルを閲覧ができます。

 そして「プレビュー」アプリは表示するだけには留まりません。画像については、切り取り(トリミング)や回転はもちろん、露出や色調などの調整が可能なのでフォトレタッチソフトのような修正が可能です。そしてPDFについてもメモ書きやマーキングなどの書き込みが可能で、複数のPDFファイルを1ファイルに結合することもできます。どうです?「プレビュー」、結構頑張ってるでしょ。

 ついでですがMacのOSレベルの機能も1つ紹介しておきます。Macではもっと素早くファイルの中身を確認する方法があるんです。それはクイックルックという操作で、「Finder」で該当ファイルを選んでスペースキーを押すだけ中身がさっと表示される機能です。全ての種類のファイルがこれに対応しているわけではありませんが、PDFやイメージファイルはもちろん、テキストやMicrosoft Excel, PowerPointでも、そのアプリを起動する時間を省略して中身を確認することができます。ちょっと内容確認したいだけというときは重宝しますよ。

 例えば、あるファイルを探している時、ファイルを開いては「これじゃない」「これじゃない」ってどんどん中身を確認しながら探す時ってないでしょうか? クイックルックだとその効率自体が上がりますし、クイックルックのウィンドウが開いている状態で矢印キーやマウスで別のファイルに次々移動していくだけで、そのファイルの内容に切り替わっていきます。お目当のファイルが見つかったら、クイックルックウィンドウの右上のアプリ名をクリックするとそのアプリを使って開くことができます。機能自体は知っていてもついつい忘れてしまってることもあるので是非活用したい機能ですね。

 

(2016年8月21日(日) 20:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

Windowsとの違いを丁寧に解説!動画や写真アプリの活用法もおまかせ

Macわくわくマスター講座
西川芳昭 (Mac)

梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・立花・甲子園口・西宮(JR)・芦屋・甲南山手・さくら...

ブログ記事 ページ先頭へ