全国5万人が受講している「サイタ」

Mac使い方教室・初心者講座

Mac使い方教室・初心者講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格Mac使い方教室愛知 簡単Macスクール スクールブログ 海外でのマック

海外でのマック

こんばんは。マック講師の松森です。

日本ではマックで有名な(マックよりiPhoneやiPadですが)Appleですが、海外ではどうなんでしょうか?皆さん興味ありますよね?無い方もお付き合い下さい。(海外と言っても主にアジア、ヨーロッパで、私が知っている範囲ですので他の地域では違うと思います。あしからず)

その昔、マックはべらぼうに高価だったことはご存知だと思いますが、マックは基本的にPCのような互換機は無いので、海外でも同じく高価でした。ですので海外でも日本と同じく企業とか一部のお金持ちしか使用されていませんでしたので、マックって本当に普及していませんでした。

普及していなかった理由は、他にも有ります。日本は昔からPC専門の小売店が取り扱っていましたが、海外ではそういった店ではセキュリティ上取り扱わず、代理店みたいなところから直接購入という感じでした。ですので一般の人が手に入れるための情報も流通も整っていなかったのだと思います。それにソフトもPCに比べて全く充実していなかったのも原因です。

海外のデザイン会社を何社か覗いたことがあります。マックはありますが1〜2台で必ず偉い人の机に使いもしないのに見栄で置いてある、使うのはメールぐらいといった感じで、一般の社員は全てPCというところが多かったです。

言葉の壁、も大きかったです。今はデフォルトで多言語対応ですが、OS 9は各国語版が有りました。OS 9の頃は他の言語を扱うにはそれぞれの言語に対応したLanguage kitという追加機能が必要でした。これがまた高価で、これをインストールしないと他の外国語の表記がが出来ず、ファイルのやりとりが非常に面倒でした。OS Xになっても少しの間そんな状況が続いて、ここ数年でやっと簡単になってきたと感じです。

あくまで個人的な印象ですが、マックは日本とアメリカ、一部のヨーロッパ以外ではiPod、iPhoneがでるまでは本当にマイナーな存在だったと思います。

別件ですが、マックのレッスン可能日を変更しました。平日終日レッスン可能となりました。詳しくはスクールページをご確認下さい。宜しくお願い致します。

海外でのマック

(2015年5月30日(土) 12:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

デザイン畑で技術を磨いたコーチ。基本の使い方~各種ソフトの楽しみ方まで

簡単Macスクール
松森健 (Mac)

西岡崎・安城・三河安城・東刈谷・刈谷・矢作橋・宇頭・新安城・牛田・知立・北安城・南安...

ブログ記事 ページ先頭へ