全国5万人が受講している「サイタ」

Mac使い方教室・初心者講座

Mac使い方教室・初心者講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格Mac使い方教室愛知 簡単Macスクール スクールブログ ノートタイプの...

ノートタイプのマックの活用法

こんばんは。マック講師の松森です。

ノートタイプのマック(PowerBook、MacBook等)は今まで5台所有したことがあります。このブログに出てきてモノクロのPowerBook、PowerBook1400、そして後のブログで出てくるMacBookが3台の計5台です。

ノートタイプのメリットはなんといってもコンパクトで持ち運びが自由。昔は家の中や屋外でWi-Fiなんてなかったのですが、それでもリビング、寝室などの家の中や喫茶店、ファストフード店など好きな場所で作業が出来ました。またバッテリーを搭載していたので考え方によっては簡易なUPS(無停電電源装置)を搭載したパソコンだと言えるでしょう。停電や不意なコンセントのアクシデントでもパソコンが止まることなく安心して作業ができます。
デメリットといえば、マックの場合だと厚くて重い(笑)。基本性能や拡張性が低かったりディスプレイが選べないという点でした。

マックの場合はノートタイプでもテスクトップに近い基本性能があるので、僕はモノクロのPowerBook以外は外部ディスプレイやキーボードを接続して使用していました。
ノートパソコンは本立に立てて、机周りはスッキリした感じです。昔からマックは画面のミラーリングがデフォルトで出来ました。ミラーリングとは外部ディスプレイにメインディスプレイと同じ画面を映し出すことですが、これが出来ることによりノートパソコンを閉じて使用が出来ました。(OS9や昔のOSXはノートパソコンを閉じてしまうとスリープに入ってしまうので少しだけ開けておかないといけませんでしたが)

設定方法は至って簡単、今のMacBookならMini DisplayPortにDVIやVGA出力などの変換ケーブルを接続、外部ディスプレイの電源を付けたら、「システム環境設定」の「ディスプレイ」で設定します。

詳しくお知りになられたい方は、今すぐ体験レッスンの申し込みを!

ノートタイプのマックの活用法ノートタイプのマックの活用法ノートタイプのマックの活用法

(2015年2月22日(日) 19:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

デザイン畑で技術を磨いたコーチ。基本の使い方~各種ソフトの楽しみ方まで

簡単Macスクール
松森健 (Mac)

西岡崎・安城・三河安城・東刈谷・刈谷・矢作橋・宇頭・新安城・牛田・知立・北安城・南安...

ブログ記事 ページ先頭へ