サイタパソコン教室・IT資格パソコン(Mac)使い方教室大阪 SWD Macの使い方教室 スクールブログ Microso...

Microsoft Officeの提供方法が変わる!?

2014年10月17日に日本MicrosoftのOfficeのラインナップが変わります!

ただ、Mac版Officeの新しいバージョンが発売される訳ではありません。
Windows版でサービスが多様化するということです。


プランがたくさん出てややこしくなります。
ただ、iPad版Office(Office for iPad)がも利用できるようになると正式にアナウンスされました。
 ※MicrosoftではAndroidタブレットも含めるため「マルチデバイス」と呼びます

しかし、Office for iPadの各アプリの提供は2014年中の提供予定と時期は明確にはされていません・・・


実は欧米ではOfficeの提供方法の違いで、今春からOffice for iPadは公開されており上々の評価を得ています。


残念ながら今回発表の日本独自プランは値段が高く納得しがたい内容です。
まず、Office 2013が搭載されているパソコンを購入するのが前提になっています。

個別の年間プランも用意されていますが、1年更新で11,800円と毎年使う前提で考えるとかなり金額が上がります。
 ※Officeの利用の他に大容量クラウドの提供やSkypeの利用料込み


現在発表されているプランだと既存ユーザーはこのプランを年間契約しないとiPad版Officeを利用できない仕組みのようです。

ちなみに新しくWindowsパソコンを購入するとOffice ●● Premiunという名称で提供され、こちらだと年間更新が5,800円となります。
 ※Officeの利用の他に大容量クラウドの提供やSkypeの利用料込み

ここで異なるは新しいWindowsパソコンに搭載されるOfficeは永続的に利用できるという点です。
1年更新のオプションでOffice for iPadが継続利用できるようになるということになります。


私はこの権利を得るために、買ったばかりのWindowsパソコンを処分して試してみる予定です。
Macしか利用していないユーザー向けのプランがないからです。


と自分で書いていてもわかり難くなりました。
詳細を知りたい方はレッスン時にお尋ねください。

明日発表ですのが、Mac用のプランなども用意されることを期待したいですね。

Microsoft Officeの提供方法が変わる!?Microsoft Officeの提供方法が変わる!?

(2014年10月16日(木) 10:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

元・初級者向け講習会の先生。購入の相談~意外なMacの活かし方まで

SWD Macの使い方教室
澤田博明 (パソコン(Mac)使い方)

新大阪・梅田/大阪・芦屋・住吉・三ノ宮・天王寺・京橋・海老江・宝塚・難波・武庫之荘・...

ブログ記事 ページ先頭へ